日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月の活動報告

最近の動向, 最近の動向 |

3週間分のまとめた活動報告です!

まず最初に、松田雄一さんと全国展開を進めている素読教室の様子がテレビで取り上げられました!!

http://rkb.jp/news/news/28274/

是非ご覧下さい!!

************

8月の頭は5日間、韓国への視察研修にいってきました。

2015-08-04 11.36.06

2015-08-03 11.36.56

 


少し軽いタッチですが毎日ブログを書いています。

1日目  2日目  3日目  4日目  5日目

4年ぶりにいきましたが、4年前と比べて韓国の方が日本人に対して対応がきつくなっているというような感じは全くしませんでした。

そしてやはり今回一番印象に残ったのが独立記念館です。
1982年の日本の歴史教科書問題をきっかけに1987年に建設された記念館の展示をさっと見ただけで、
こんな風に韓国の皆さんが歴史を学んでいたのでは、なかなか日本との関係は上手くいかないだろうと思いました。

展示の意図は反日の植え付けではなく、悲しい歴史を繰り返さないための国民啓発だといわれましたが、、、
それなら靖国神社の遊就館のように自国の歴史や国際情勢に焦点をあてたものにすべきだと私は考えます。

行政の方のプレゼンでは、
韓国は反日国家ではない。韓国人は日本という国家や国民ではなく、歴史を歪曲し韓国人の感情を刺激する日本の権力に対する批判をしているだけ、
韓国人は日本人の歴史認識に基づいて日本の未来戦略や対韓姿勢を予測するから、歴史認識を問う、

といったお話がありました。

こうしたお話を聞けばきくほど、両国の政府やメディアの報道に大きな隔たりがあることが分かります。

お互いがいがみ合うように誰かに仕組まれてないか、と感じたほどです。

今回の訪問はゆっくり一箇所にとどまることができず、また韓国の同世代の人との意見交換の機会もありませんでした。

よってまた訪問計画をたて、本音で日本人が何に腹を立てているのか、韓国人が何に不満を持っているのかを意見しあう機会をつくりたいと考えています。

2015-08-06 00.59.25
帰国した翌日からは、広島、山口、佐賀、長崎、福岡、大分で【地方から日本の未来を考える!】というテーマで若者の意識啓発のツアーをしてきました。

ツアー前半 ツアー後半

また講演だけではなく、松下村塾や回天の島の見学もしてきました!

2015-08-06 14.47.26

龍馬プロジェクトを中心とする皆さんのご協力で大変有意義な発信ができ、よい出会いをいただけました。

ありがとうございました。

2015-08-11 17.21.17

ツアーの後は夏休みも少しかねて事務所を手伝ってくれるインターンの大学生らと伊豆大島に研修ツアーにいってきました。

そして15日の終戦の日(敗戦の日)には靖国神社にいき、

16日は吹田で歴史勉強会、17~19日は龍馬プロジェクトの首長のいる人吉市、日南市、別府市をまわり、

地方創生の具体案について意見交換や視察を重ねてきました。

休むまもなく飛び回り多くの人から多くのことを教わっています。

また私も多くの人と人を繋げています。

そうした縁を広げながら、仲間や支援いただく皆さんと共に、

日本の未来を真剣に考えるチームを作り、

我が国が進むべき方向を提案していきたいと考えています。

9月は地元の吹田でいつもの歴史勉強会や教育、健康をテーマにした研修をたくさん開いていきますので、皆さん一緒に学びの秋としていきましょう!!

歴史勉強会(9月11日)

9月13日 3つの勉強会

9月22日 健康セミナー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。