日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【グローバル化の中で日本の歴史を学ぶ会】ご案内

告知・宣伝 |

グローバル化の中で日本の歴史を学ぶ会
~奪われた日本の歴史を取り戻し未来を考える~

-趣旨-
グローバル化が進み、世界の形が大きく変わろうとしています。
その中で今一度日本の立ち位置と現状を確認し、国としての戦略を
考え、議論していくことが、一人ひとりの人生のあり方や計画作り
に繋がることと思います。
歴史を【暗記科目】にしてしまった戦後の(学校における)歴史教
育は間違っていました。
今一度、我が国の歴史を振り返り、その捉え方や解釈について参加
者どうしで意見交換し、それぞれの生き方のヒントにする勉強会を
行います。

グローバルJPG

【資料ダウンロード】 グローバル化の中で日本の歴史を学ぶ会PDF

【日程】※詳細は下記にて
第1回 6/21(日)18:30-20:30 (開場18:00)
第2回 7/17(金)19:00-21:00 (開場18:30)
第3回 8/16(日)18:30-20:30 (開場18:00)
※第4回 9/11(金)19:00-21:00 (開場18:30)
※当初9/18を予定しておりましたが、9/11に日程を変更しております。
【参加費】 無料

【会場:全回】 「千里市民センター」8階 多目的ルーム2
・住所:津雲台1丁目2-1 千里ニュータウンプラザ内

【お申し込み方法】
WEBフォームより、お申し込みを受け付けております。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/bcdc1217368712

【主催】一般社団法人 日本歴史探求会
—————————————————————————
【第1回】6月21日(日)開始18:30 終了20:30(開場18:00)
テーマ:「奪われた日本の歴史を取り戻すことの意義」
講師:神谷宗幣氏
—————————————————————————
【第2回】7月17日(金)開始19:00 終了21:00(開場18:30)
テーマ:「近世からの500年の歴史を振り返ると見えてくるもの」
講師:神谷宗幣氏
—————————————————————————
【第3回】8月16日(日)開始18:30 終了20:30(開場18:00)
テーマ: 「日韓の歴史問題についてのワークショップ
~韓国の視察報告をかねて~」
*参加前に参考図書を読んできていただき、それぞれの
考えるところを意見交換しながら、日本の歴史に対す
る理解を深めたい
・参考図書:侮日論「韓国人」はなぜ日本を憎むのか (文春新書)
呉 善花 (著)
講師: 神谷宗幣氏
—————————————————————————
【第4回】9月11日(金)開始19:00 終了21:00(開場18:30)
※当初9/18を予定しておりましたが、9/11に日程を変更しております。

テーマ:「大東亜戦争は本当に終わったのか?」
講師:吉重丈夫氏
—————————————————————————

【講師紹介】

◎神谷宗幣氏
昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院
卒業。予備自衛官三等陸曹。
高校の歴史の講師を務めた後、2 9歳で吹田市議会議員に当選
(2期、副議長まで務め、衆議院選挙のために辞職)。
平成21年「龍馬プロジェクト全国会」を発足し、会長として
現在250名の会員を束ねる。
平成25年にはインターネットチャンネル「CGS」を開設し、
政治や歴史、文化をテーマに毎日番組を配信。
現在、大阪府吹田市を拠点に活動中。

◎吉重丈夫氏
1965年東京大学法学部卒業。北浜法律事務所 非常勤取締役。
著作:日支関係史 日中戦争は存在しない(日本正史研究会)、
続大東亜戦争(神州正氣の会)。
歴代天皇で読む 日本の正史

【お問い合わせ先】担当:奥村
メール:er2s3n@gmail.com / 電話:090-6059-8330

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。