日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)

最近の動向の記事一覧

デンマークを視察して学んだことと次の行動

最近の動向, 視察・研修報告 |

1.今年のテーマと視察内容

2週間の欧州視察に来ています。

今回の視察は、昨年からの計画でしたが、9月に新婚旅行が入り、夏に予定していたイスラエル視察が11月にずれ込んだため、今年の秋は半分が海外滞在に、、。

なぜ、毎年海外視察を行うのかについては、昨年のデンマーク視察報告にまとめたので、そちらをご覧ください。

デンマーク視察 (平成28年10月23~29日)

昨年の視察テーマは、「女性の社会進出とその幸福度」についてでしたが、

今年はテーマを「日本のこれからを考える」と、私の中で決めていました。

そこで視察項目を、教育、農業、エネルギー、働き方、移民政策と幅広くして、

参加者の皆さんには、これからを考えるきっかけにしてもらいたいと思っていました。 続きを読む

お詫びと「イシキカイカク大学」のお知らせ

告知・宣伝, 最近の動向 |

今回は皆さんへのお詫びからスタートしなければなりません。

大変悲しく情けない内容ですので、出来ることならばなかったことにしたいくらいですが、クラウドファンディングで協力いただいた方々への説明責任がありますので、恥を忍んで正直にお伝えします。

お詫びの内容は、9月にオープンする予定だった「イシキカイカク.com 」の開設が大幅に遅れていることについてです。

理由は、システムとサイト制作を株式会社LAYER3の上村友一氏に委託し、上村氏が請求した代金をこちらがすでに支払ったにも関わらず、約束どおりのシステムとサイトが未だ完成しない状態で止まっているからです。

政治の世界で約束が守られないことは何度も経験していますし、海外で騙されることも経験してきました。人を疑わない人間ではないつもりです。
続きを読む

なぜ、香港の若者は戦うのか?

最近の動向, 最近の動向, 視察・研修報告 |

今回は、若者の政治活動が盛んな香港に取材に行ってきました。

香港の若者が今なぜ人生をかけて政治活動を行うのかを、インタビューに基づいて簡単にまとめます。

香港の返還と中国共産党との関係

アヘン戦争後、1842年からイギリス領となった香港は1941〜45年の日本統治期以外はイギリスの植民地として、中国本土とは違う発展を遂げました。

そして1997年にイギリスから中国に返還がなされた時には、「一国二制度」の取り決めの下、植民地を脱して中国が世界経済の中で活躍するゲートウェイとして、中国とヨーロッパの架け橋としての役割を果たそうと、香港人の多くが未来に希望をもっていました。

香港返還時
<香港返還時の様子>
続きを読む

KAZUYA×KAMIYA 全国キャラバン 第31弾~第32弾 IN東海【日程:2017.11.5)

イベント, イベント |

1105

新たなキャラバンのお知らせです。

今回は東海2カ所をまわります!
時事問題から国際情勢まで、二人の最新のトークをお楽しみください。
皆さん、奮ってご参加ください。 続きを読む

第21回 学ぶカフェ 開催のお知らせ(日程:2017.10.15)

イベント, イベント |

【10/15 第21回 学ぶカフェ 開催のお知らせ】
~施先生と神谷宗幣氏の対談決定~

今回は、施光恒先生の御講義に加えて、龍馬プロジェクトを立ち上げ、
全国の若者の意識改革に取り組んでおられる神谷宗幣氏を迎えて

「日本のスイッチ」を探す― ~本当に必要な改革とは何だろう⁈~
というテーマで開催致します!
御二人から御教示頂いた後は対談になっていますのでお楽しみに。

続きを読む