日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)

最近の動向の記事一覧

私の活動を支える想い

最近の動向 |

先日、私がいろいろとご指導いただいている先生から、

「活動があれもこれもになって、心が散漫になっていませんか」

という心配のメッセージを頂きました。

有難いことです。

確かに私の可処分時間はどんどん無くなっていて、

家族と過ごす休暇はほとんどありませんし、タスク表やスケジュールはぎっしり埋まっています。

今まで何度か右腕をつくって仕事を分散させようと試みてきましたが、
妻やスタッフは、事務的なサポートは完璧にやってくれますが、
自分でアクションを考えて私以上のパフォーマンスを出してくれる人になかなか出会えず、
結局一人で全部やってきてしまったのが現状です。

これが私の大きな問題だと認識しています。

現在、何とか、ある程度の仕事を任せられる人材を見つけ出し、
育成しようとしています。

しかし、それで時間ができたら、またその時間で人と会ったり、
海外に視察に行ってしまうのかもしれません。

大阪や東京の街中では、なかなかゆっくりできる気がしません。
今の生活の環境やリズムは再考する必要がありそうです。

一方で、忙しいから気持ちの方も散漫かというと決してそんなことはありません。

むしろ修練されてきて、活動がより明確に見えてきた気がしています。

自分の頭を整理する意味でも、今回は議員に当選してからの11年を
簡単に振り返ってみたいと思います。
続きを読む

イシキカイカク大学が開講しました!

最近の動向, 最近の動向 |

イシキカイカク大学ついに開講!

1月13日土曜日からイシキカイカク大学が開講しました。

350名ほどの皆さんが参加してくださっています。

IMG_4400

開講に至るまでには紆余曲折があったので、自分自身で少し感動しています(笑)

ここまでの道のり

「日本人の意識を変えないと本当にやばいぞ!」との想いで2007年に政治の世界に入りました。

まずはチーム作りと考え、2010年に龍馬プロジェクトを立ち上げました。

IMG_9312

次に情報発信の必要性を感じて2013年にネットの教養番組としてCGSをスタートさせましたが、

続きを読む

平成30年の抱負と「イシキカイカク.com」のオープン

最近の動向, 最近の動向 |

あけましておめでとうございます。

仕事始め、今年初のブログ更新になりますので少し今年の抱負を述べます。

IMG_4305

ちなみに昨年の抱負は、

①「情報発信=教育」 と

②「日本人の働き方&労働移民問題」

について取り組んでいくことでした。

昨年はその方針にのっとって、

「イシキカイカク.com」「イシキカイカク大学」を作り、

移民政策で河野太郎代議士とパネルディスカッションをさせていただいたり、

海外視察を行ったりしました。

そして今年の抱負は、

①「情報発信=教育」について取り組み、

②「サイバー攻撃、仮想通貨、電子政府」について研究すること

です。

続きを読む

四十にして惑わず

最近の動向 |

昨日で10年間活動してきた吹田青年会議所を卒業しました。

吹田の出身ではない私を受け入れてもらい、
お世話になった先輩方や仲良くしてくれたメンバーに感謝しています。

たくさんの出会いと学びを頂き、
また講演の機会もたくさんいただいてきた青年会議所という組織にも!

IMG_4157

光陰の 速さを感じ
切なさと 使命を抱いて
前に進まん
さて、終わる活動があれば始まる活動もあります。

先週末は、伊勢の修養団で研修を主催してきました。 続きを読む

中国に勝つ 日本の大戦略

告知・宣伝, 最近の動向 |

現在、メディアでは北朝鮮のミサイルの問題が取り上げられていますが、私は北朝鮮をそんなに重要視していません。

私がいつも注目しているのは、中国とロシアの動きです。

外国の外交官と話をすると、腹立たしいですが、「日本とサシで外交しようなんて考えていない、日本に何かをさせたければアメリカと話をする」と言われました。

北朝鮮にも同じ構図か当てはまると私は考えます。
大切なのはシアターと呼ばれる国際政治の舞台で、プレーヤーとなるパワーズ(大国)の動きや思惑を知ることだと考えています。

ですからこれまでも、ロシア関係者と勉強会をしたり、台湾や香港に行って民主化運動をする人たちの話を聞いてきました。

そんな活動の一環で、数年前にロシアに行き、ある日本人と話をさせていただきました。

それが今回紹介する北野幸伯さんです。
彼は1990年にロシアに留学後、ソ連の崩壊を経験し、その後の西側によるソ連圏の切り崩し、それに対抗して台頭したプーチン大統領の手腕などをロシアから見てこられました。

続きを読む