日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

城巡りのススメ 最終回

ブログ |

5日間約1600キロの東北城巡りの旅が終わりました。

1日目 青森 根城 南部氏

photo:01



2日目 青森 弘前城 津軽氏

photo:02



3日目 秋田 久保田城 佐竹氏

photo:03



3日目 盛岡 盛岡城 南部氏

photo:04



5日目 山形 山形城 最上氏

photo:05


photo:06



最上義光が一代でつくったといっても過言でない山形城。

伊達政宗、直江兼続、豊臣秀次、徳川家康といった知将や権利者と渡り合えた義光がいなければ、今の山形の基盤はなかったかもしれませんね。

いつか大河ドラマの主人公にしてもいいくらいの波乱の人生を送った人物の居城です。

5日目 福島 二本松城

photo:07


photo:08



畠山、伊達、上杉、蒲生、丹羽と主人を変えた二本松城は、戊辰戦争の二本松少年隊でも有名です。

古来からの交通の要所をおさえる城には様々な物語があります。

5日目 宮城 多賀城

photo:09


photo:10



1300年前から東北当地の要となった城。300年ほど歴史にのこる東北の拠点です。

松尾芭蕉が感動したのもわかります。
今は、ほとんどが農地になっていますが、一時間かけてぐるっと周り、当時の様子を想像してみました。

******

今回のコンセプトは、政治を離れてあくまで趣味で、日本100名城をまわることでした。

もちろん、100名城以外にも城、神社、寺、世界遺産、博物館などをまわりました。

関西にいる私からすると東北は遠く、馴染みの薄い場所でしたが、

その気になれば5日でそこそこまわれます。歴史やロマンはもう無限にありますし、食べ物も最高!

青森では、八戸の藤川議員。
秋田では、中泉参議。
岩手では、盛岡の金沢議長。
山形では、酒田の佐藤前議員。
福島では、本宮の菅野議員。

皆さんに、いろいろご紹介頂きました。
突然の連絡に親切な対応、皆さんありがとうございました。

震災後 、東北には何度も来ていましたが、こうしてプライベートでまわるのは20歳以来でした。

じっくりまわるとその地域の光と影を観ることができます。

今回は書きませんでしたが、
やはり震災の影響も感じます。

いつも東北の方に言われたのは、一番の応援は、東北に来てお金を使ってもらうことだ、っていうこと。

今回は、がっつり使いましたよ!

今回の私の一連のブログをみて頂き、東北行きたいなと思って頂いた方は、是非東北へいって下さい。

私は城を切り口にしましたが、他にもいろんな切り口があると思います。

一週間もあれば、全県まわれますから。実証済みf^_^;

私はまた、100名城以外の城をピックアップして、周りたいと思います。

また、明日からは政治ネタに戻ります。

iPhoneからの投稿

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。