日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府議選初日「なぜ、かみやソウヘイは立候補したのか?」

最近の動向, 活動報告 |

本日より大阪府議会議員選挙が始まりまして、私かみやソウヘイは、大阪府議会議員に吹田市選挙区より立候補いたしました。

DSC01008

皆さまへ改めてのお願いです。
この選挙で当選ができるよう是非とも、私かみやソウヘイを応援して頂ければと思います。

投票日は、4月12日(日曜日)です。また投票日に予定がある方は、是非とも期日前投票をご利用いただき″かみやソウヘイ″へ投票をお願い致します。

朝、選管に届け出を出して、8時半から出陣式を行いました。

 

DSC01016

DSC01030

その後、吹田市内各所を街宣させていただきましたが、本当に多くの方からご声援をいただけました。

また「なぜ、あなたは立候補したの?」と、率直にご質問いただきました。

私がなぜ、今回の大阪府議選に立候補したのか、その想いを改めて記します。

私は29歳で吹田の町の市議会議員に選んでいただきました。その時から、ずっと言い続けていることは「日本の若者の意識を変えること」がこれからの日本をよくする鍵だということです。

しかし1人の市議会議議員でできることには限界があり、2010年には全国を周り「龍馬プロジェクト全国会」を立ち上げました。そして「地方から日本を変えよう!」と若い有志を募り、それぞれの地方で想いを訴えてきました。

吹田でもモデルを作ろうと2011年には吹田市の市長選挙に仲間を擁立するも維新の風の前に惨敗。メディアの力や大衆のブームの恐ろしさを肌で感じました。仲間を落としてしまった悔しさと、自分も戦わなければという使命感で、国政選挙を志し、2012年には選挙区まで変えて、自民党の力を借りて維新の会の候補者と戦いましたがこれも惨敗。

想いだけでは政治はできないのだという現実を見せつけられました。しかし、そこでめげずに、自分の情報発信をしていこうと会社を立ち上げ、「インターネットチャンネルCGS」を開設し、全国の皆さんに【教育や政治】の大切さを伝えてきました。

その活動もやり甲斐がありましたが、いろんな方の意見を聞き、私に求められているのは【政治家として】政治の世界で活動していくこと、という認識に至り、昨年末、再び選挙への立候補を決意しました。

5minuitekamiya

http://www.kamiyasohei.jp/osakafugisen/#profile

そして、挑戦するなら自分の政治の原点である吹田の町で、一緒に活動してきた仲間と共にやりたいと考え、周囲と相談の上、市政は任せ、その市政での課題をその上の府政に反映させ、さらには国へのパイプ役となる府政への挑戦をしようと決めました。

政策や思いは、市議の時と何も変わっていません。

ステージが市政から府政に変わるだけだと思っています。

また、国政への思いももちろんあります。

しかし、選挙区を変えてまで政党の力を借りることはせず、じっくりと自分の想いや政策を吹田の方を中心に広げていくつもりです。

この選挙戦での勝利し「日本の若者の意識を変えること」へ挑戦し続けたいと思います。どうか、ご支援をお願い致します。


以下、是非ご友人に私を紹介してください!

●5分で分かる政治家 かみやソウヘイ
http://www.kamiyasohei.jp/osakafugisen/

●神谷宗幣 Facebookページ
http://www.kamiyasohei.jp/

★80秒の動画でみる、かみやソウヘイ

10448699_1068640629816772_2435989341942305906_o

緊急特番生放送!
かみやソウヘイ×KAZUYA
~真っ最中にぶっちゃけトーク~
4月6日(月) 21時~生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv216624591

選挙期間中、その真っ只中の4月6日(月)に、KAZUYA君と生放送!
かなり突っ込んだ内容をお伝えする予定です。ぜひともお時間をあけておいてくださいね。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。