日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第4回 あなたにお願いしたいこと​

最近の動向, 活動報告 |


2022年の参議院選挙にむけて、​
参政党全国比例区第五支部長に就任した​
神谷宗幣(かみやそうへい)です。​

IMG_4630


参政党は当初から2022年参議院選挙に勝負をかけることを決めていました。​

現行の選挙制度では、我々のような小政党が議席をとるには参議院議員選挙の全国比例区しかないことがわかっていたからです。​

参政党の勢力や知名度が十分でないことは自認しています。​
しかし、今のままの政治を、次の参議院議員選挙まで3年も指をくわえて見ていられるほど、現状は甘くないというのが我々の認識です。​

私たちは本当に、2022年の夏に賭けています。​
冗談ではなく、本気でそこが日本の分かれ道になると思っています。​
結党から間もない政党が国政選挙で議席を取るのは簡単なことではありません。​
しかし、ここで立ち上がり、全てをかけて望まなければならないくらいの瀬戸際に来ていると私たちは考えています。​


記者会見写真2


ここまで読んで、私たち参政党の理念に、そして私、神谷そうへいの想いに共感してくれた方は、ぜひ出来る範囲でご協力をいただきたいと思います。​

具体的に、今、あなたにお願いしたい応援方法は以下の4つになります。​

■ 1つ目:『参政党をもっと深く知ってほしい』


参政党のウェブサイトやYouTubeチャンネルを見ていただければ、ある程度のことはわかって頂けると思います。​


そこからもう一歩踏み込みたいという方は、ぜひ講演会にお越しください。​
2022年の1月から参議院選挙が始まる直前の6月まで、私、神谷そうへいと吉野敏明氏で日本全国を周るキャラバンを行います。​
その講演会に参加していただければ、よりリアルに私たちの目指すビジョンや、今立ち上がらなければならない理由がより深く理解できると思います。​

■ 2つ目:『実際に参政党に党員として参加してほしい』​


現在、参政党には約1万人の党員がいます。​
党員の区分には「サポーター」「一般党員」「運営党員」という3つの区分があり、あなたの興味の度合いによって好きな区分で参加することができます。​

ここで今、あなたがこのメッセージを受け取ってくれているのもなにかの縁なので、私たちの活動に少しでも共感し、共に進んでいきたい気持ちがあるのであれば、ぜひ党員としてご参加ください。​

サポーターは無料で登録できますし、一般党員は月額1,000円で参加できます。​
本気でコミットして参加してくれる方は、ぜひ運営党員としてご登録ください。​
運営党員は月額4,000円となりますが、配信されるコンテンツの量や、党の活動により積極的に参加できるようになるので、本気で関わっていきたいという方にはオススメです。​

街宣写真4

■ 3つ目:『政治資金の献金』​


2022年の参議院選挙の必要資金は、最低でも約2億円です。​
すでに党員の方々から頂いている党費や、参政党主催のスクールの学費である程度の資金は集まっています。しかし、全国に候補者を立てて戦っていくには、まだ資金面で足りない部分があります。​

参政党は特定の大口スポンサーや支持母体を持たないからこそ、しがらみのない政治を実行できます。​
その分、党員集めや資金集めで苦戦する部分もあるのですが、どこか特定の企業や団体にとって都合のいい政策しか出せなくなってしまうようでは本末転倒なので、こうして草の根で支援をお願いしています。​

あなたの支援をお待ちしています。​

■ 4つ目:『参政党のことを広めてほしい』​



共感や応援したい気持ちはあるものの、ここまでの3つのお願いに答えるのがどうしても難しいという場合は、ぜひ参政党の存在を身近な人にご紹介ください。​

我々も発信活動には力を入れていますが、まだまだ届けきれていない部分があります。
あなたの言葉で、あなたの身近な人に紹介して頂けるだけで、本当に大きな力になります。​

■ まとめ 〜“政治”に“参加”する〜​​


あなたにお願いしたい具体的なアクションを、以下にまとめました。​


まず、我々は共に活動してくれる政治活動家を求めています。​
政治は究極のボランティアです。​
人生の時間とお金を少しでも投資していただける方は是非私たちと一緒に立候補し、世の中の矛盾を訴えて下さい。​
[参政党の候補者になる]


さすがにそれは、、という方は、党員になって、勇気ある挑戦者のサポートをお願いします。​
[参政党に党員として参加する]


なかなか時間がなくて活動はできないという方は少額でもいいのでカンパをお願いします。何に使ったかは必ずオープンにします!​
[参政党に寄付する]


いやいや、お金じゃなくてという方はあなたのお家か知り合いのお家の外の目立つ場所にポスター掲示をお願いします。​
[参政党のポスターを掲示する]


これらがどれも難しいという方は、周りの皆さんに参政党のことを伝えてください。​
7月まで全国でキャラバンをやります。​
その詳細やその他地域の日程はこちらのページよりご確認ください。​
[参政党2022全国キャラバン]



お願いばかりになって恐縮ですが、あなたと、あなたの家族、そして地域社会、国家全体をよりよい方向に導いていくために、参政党は全力を尽くしていきます。​
私も事務局長として、参政党を全力で盛り上げていきます。​


既存の政党による「これまでの政治」の延長線上とは異なる、新しい方向性を求めている方は、ぜひ支援をお願いします。​

移住者一列+参政党


「投票したい政治家がいない!」​
「応援したい政党がない!」​
そんなあなたこそ、“政治”に“参加”してください。​
その受け皿が『参政党』です!​

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。​

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。