日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たばこ注意の高校生暴行事件と、見て見ぬふりの大人。​いざという時に行動するために必要なこと。

最近の動向, 活動報告 |

2022年の参議院選挙にむけて、 ​
参政党全国比例区第五支部長に就任した ​
神谷宗幣(かみやそうへい)です。​
​​

先日ショッキングなニュースがありました。​
たばこを注意され高校生に“逆ギレ”電車内で暴行か 28歳男を逮捕 父親が怒りの声
(Yahoo!ニュース より)​


ご存知の方も多いと思いますが、電車内での喫煙をしていた男性を注意した高校生が”逆ギレ”されて、10分もの間、暴行を受けたという事件。高校生は顔の骨を折るなどの重症とのこと。​

一刻も早い回復を願うばかりです。​
また父親のコメントにあるように、これが心の傷となり、これからの未来に大きなダメージとして残らないと良いのですが…。​

■誰も止めに入らなかった10分間



この事件について、世間の声を調べてみました。​
「暴行した男は断じて許せない」という声は当然ですが、「10分間、誰も止めに入らなかったのか?」という疑問の声も多数ありました。​

高校生が暴行を受けたのは10分という長い時間です。​
しかしその間、高校生の友人以外、誰も止めに入らなかったというのです。​

私は現場を見ていないので確定的なことは言えません。​
周囲の乗客は全然いなかったのかもしれませんし、女性しかおらず、怖くて声を上げられなかったのかもしれない。​
ただ、もし周囲の大人が”見て見ぬ振り”をし続けたのであれば、それはとても悲しいことです。​

もしあなたがこの場面に遭遇したなら、どうするでしょうか?​

■道徳教育は行動につながっているか



この様な事件を耳にした時に、私はそれが日本の教育の結果であることを強く意識します。​

例えば、小学校の道徳の時間を思い浮かべてください。​
もう私にとっては何十年も前ですが…(笑)。​

「殴られている人が目の前にいた時に、あなたは助けますか?」​
という問いが仮にあったとすると、「助ける」という意見がすぐに出て、教師もそれが”正しいこと”であると言うのではないでしょうか。​

しかし現実はどうでしょうか?…残念ながらそうはなっていません。​
この事件に限らず、見て見ぬ振りをする大人はとても多いと感じています。​
「助ける」と言っても、直接暴行男を止めるだけが全てではありません。​
人を呼んで集めるなど、何かしらの行動ができるかということです。​

■いざという時に行動するために必要なこと



”いざという時、行動できるかどうか”を分けるのは、規範力を持っているかどうかだと私は思います。​
規範力とはつまり、自分自身をコントロールする力。​
「こういうことを大切にしましょう」という規範を自分で立て、それをコントロールする力がなければ、行動が毎回ぶれてしまいますし、いざという時動けなくなってしまいます。​

そしてこの規範力を身につけるのに有効な手段が「偉人教育」だと思っています。​

歴史上の人物でも、現代の方でも、立派な人のストーリーを知ることによって、その人の「追い求めたもの」や「魂」を自分の中にインストールすることができるからです。​
インストールしておけば、迷った時に判断の基準に使ったり、挫けそうな時に勇気として引き出すことができます。​
まさに偉人の力を借りるというわけです。​

そして偉人教育をするにあたっては、より多くの偉人に触れてみることをお勧めします。​
特に日本の偉人のストーリーをたくさんインストールして欲しいと思います。​
世界中に偉人はいますが、せっかく日本に生まれたのですから、立派な日本人がたくさんいたことを、是非知って欲しいのです。​

私自身、歴史が好きで、特に吉田松陰や西郷隆盛、坂本龍馬に橋本左内など、多くの偉人の魂をインストールして力を借りてきました。​
それがなくては今の自分はありませんし、今でも多くの場面で力を借りて、役に立っているという実感があります。​

神谷さん講義

今の教育では、歴史は出来事を辿ることが主眼になっています。​
それぞれの人物のストーリーが語られないことは、とても残念ですし、もったいないと思います。​
知ってみるととても面白いと思うのですが…。​

先日のブログでもお伝えしましたが、教育は国の根幹です。​
そしてその中で、歴史や偉人を深く知ることは、人間形成においてとても重要なことだと考えています。​

我々参政党でも、歴史を学ぶことを非常に重要視しています。​
実際に学ぶことで大人も子供も、生き方が変わったり、自分の人生について深く考える様になったりと、その光景を目の当たりにしています。​

「いざというとき行動できる大人」になるために。​
たくさんの偉人を自分の中にインストールし、規範力を高めていく。​
その姿勢を参政党のメンバーから伝えていければと思います。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。