日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国の反応

ブログ |

中国や韓国がなんて言ってるかなんてなぜいちいち日本のメディアが報道するのでしょうか。

これが世論操作のように感じます。

中国や韓国の一般の国民が、
安倍政権が⚪⚪だと、議論をしているなんて到底考えられません。
絶対ほとんどみんな興味がないはず。

我々日本人だって、中国や韓国の政権の政策や人事を詳しくしらべて議論しますか?

日本政府の主張に対し、国連から指導でもきたら考えたらいいですが、
中国や韓国の一部の政治家がごちゃごちゃいうことにあまり付き合う必要はないと思います。

日本のメディアが報道するから、向こうがカードに使うんです。

安倍政権としては、歴史問題はどんどん日本の立場を主張しつづければいい。

向こうが噛み付いてきたら、
あなた方が反日教育をやめ、反日記念館を潰し、慰安婦の像をなくせばこちらも考えますよ、

と逆にカードにすればいいのです。

国民の皆さん、
そろそろ我々が頭を切り替えないと、
政治は変わりませんよ。

「河野談話」見直しに中国が不快感「適切に処理するよう要求」

2012.12.28 08:04 産経

 【北京=矢板明夫】中国外務省の華春瑩報道官は27日の定例記者会見で、第2次安倍政権が「村山談話」を堅持する方針を示したことに対し、「実際の行動で適切に実行することを願う」と述べた。一方、慰安婦問題に関する「河野談話」の見直しには、「中国側は一貫して、日本が責任ある態度で歴史問題を適切に処理するよう要求してきた」と不快感を示した。

 華報道官は安倍晋三首相が防衛大綱改定の検討を指示したことにも触れ、「日米同盟は特定の時期につくられた特殊なもので、中国を含む第三国の利益を損なうべきではない」と強調。日米両国が関係を緊密化させ、そろって中国と対峙(たいじ)することへの警戒心を隠さなかった。

 また、同日付の上海紙、東方早報は、温家宝首相が慣例に反し安倍氏に祝電を送らなかったと指摘し、「緊張した局面を象徴している」と論評した。

 下村博文文部科学相や小野寺五典防衛相ら“タカ派”の入閣を根拠に、新政権を「強硬内閣」と呼ぶ中国メディアも少なくない。中国現代国際関係研究院の霍建崗副研究員は、中国紙に「安倍氏の今後の行動を見極める必要がある。悲観的になる必要はないが、楽観視もできない」とコメントするなど、中国の日本研究者も対中政策を注視している。

「妄言製造機、ずらり」 韓国紙、安倍内閣を酷評 関係修復にブレーキも

2012.12.27 11:17 産経

 27日付の韓国各紙は、26日に発足した安倍新内閣に、竹島(韓国名・独島)の領有権や旧日本軍の従軍慰安婦問題についての発言が目立つ政治家が複数入ったことを指摘し「妄言製造機、ずらり」(韓国日報)などの激しい見出しで安倍内閣を一斉に酷評した。

 来年2月に就任する朴槿恵次期大統領の周辺は日本との関係修復を模索しているが、最有力紙の朝鮮日報は「韓日関係の冷却(状態)は相当続く展望だ」と指摘しており、早期の関係改善努力にブレーキがかかりそうな雰囲気だ。

 各紙は、昨年8月に竹島北西の韓国・鬱陵島の視察を試みて韓国への入国を拒否された新藤義孝氏と稲田朋美氏が入閣したことを挙げ、安倍首相が「初日から挑発」などと非難した。

 中央日報は、小泉純一郎元首相の元政務秘書官で内閣官房参与に任命された飯島勲氏について、安倍首相が穏健派に見えるほどの「極右」だとも指摘した。(共同)

iPhoneからの投稿

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。