日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会津若松視察 あいづっこ宣言&議会基本条例

視察・研修報告 |

3月5日、会津若松市役所を訪れて、教育委員会の方から「あいづっこ宣言」についてのレクチャーを受けました。

 どういった経緯でこの宣言ができたのか、その広がりはどうか、
具体的な取り組みとして何を行っているのか、その効果はどうか、といったことを主にお話を聞きました。

 中でも印象的だったのは、
家庭内でのルールを大切にしようという趣旨で小学生対象に行われている「わが家のきまりごと(家訓)」や「あいづっこの仕事(お手伝い)」の募集事業でした。単に理念を掲げるだけではなく、
こうした活動に落とし込んででこそ、政策として根付くのであろうと感じた次第です。

P1130376 P1130377

 次に、
議会事務局を訪れ議会基本条例についての視察を行った。全国的に注目されている条例でもあり、多くの視察が来られているようだが、
毎回職員の方と担当の市議が組んでレクチャーをしておられると聞いて驚いた。地方市議の方が実状を説明してくださるのだ。

 本条例の特徴は議員間の討議を重視している点であるが、
議会内だけでなく議員は議会ごとに市民との意見交換会を開いているとのこと。

 30人の議員が6人5組に別れて1チーム3ヵ所、計15ヵ所で意見交換を行うとのこと。
この場では市民と議員団が対じすることになるので、議員団の中で会派や主義は違っても議会を代表するものどうし協力し合って、
議会の決断を市民に伝えているという。

 説明にあたって頂いた議員の「議員は市民とどう向き合うかをもっと考えるべき」「議員がもっとリスクを負わなければならない」というメッセージが強く心に残った。

P1130379 P1130382

 3月6日は民間で運営されている会津日新館という施設を視察してきた。その名のとおり、
江戸時代の会津藩校を再現した施設で、博物館のように当時の藩校の様子を再現すると共に、論語の授業なども生涯学習を行ったり、
弓道などのスポーツを楽しむ場があったりとその多機能さにも驚いた。修学旅行生の来場も多く、
民間経営が成り立っているとのこと。こうした施設は公共の運営のものが大半だが、
工夫一つで民間でも十分やっていけるのだということを実感できた。

P1130418 P1130406

 二日間の視察を通して、
会津の市民や行政が地域の文化や歴史に誇りを持ち、それを活かしながらまちづくりを行っていることがよくわかりました。
吹田市もただハコものを作るのではなく、そこに市民の思いや文化を上手く取り入れていかなければならないと感じました。

視察の全容

3月5日

P1130372

二時半に会津若松到着。駅前には白虎隊の像が!

P1130378 P1130374 P1130386

市役所にてレクチャー。二人の視察なので職員さんも構えることなく本音を語ってくださりました。

P1130390

せっかく会津まで来たので。夜は地元の青年実業家の方々と地域経済や政治について熱く議論させて頂きました。

一時間の予定が結局2時間に!

3月6日

P1130392 P1130397

宿を朝8時に出て、近藤勇のお墓や鶴ヶ城を少し見学してきました。

P1130400 P1130403 P1130401

P1130408 P1130412

日新館の本物ぶりには驚きました。タイムスリップしたようです。

昔は豊中にも藩校があったみたいです。こんな環境で論語の勉強でもしてみたいですね。

民間でこんな施設が運営できるとは、、。

P1130419 P1130420

戊辰戦争、白虎隊の歴史から、
会津人の文化まで詳しく伝えることで中身のある観光をお客さんに楽しんでいただくという仕掛けを教わりました。これは吹田でも使えます。

飯盛山もただ歩くだけでなく、歴史をかみ締めながら歩くと趣が違いました。

P1130424

最後は、商工会議所青年部会長の方に、地域の人材育成と町おこしについて、全国の先進事例を挙げながらお話していただきました。

官と民、複合の視察でしたが、共にいえることは会津の方々は実直でメッセージが熱いということです。

大阪ではあまりまじめにやりすぎると浮いてしまいますが、会津なら問題なさそうです。

また一地方の特性を体で感じることが出来ました。

 

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。