日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加賀プロジェクトの進捗

最近の動向, 最近の動向 |

先月の投稿で

キッズスクール
コワーキングカフェ
自然栽培ファーム

が出来上がっているというお話を書きましたが、

今回はどういうメンバーが集まっているかについて
少し紹介したいと思います。

IMG_7381

 

まずキッズスクールは、
小学校教諭をされていた吉村さんと
幼児教育をされていた鈴江さん、
そして九州から移住してきてくれた
自称「カリスマ保育士」の川口正人さんらが
中心になって運営してくれています。

教育理念などはホームページをご覧ください。

毎月1000円で入ってもらえるオンラインサロンや

ベテラン保育士の川口さんの子育て相談は
子育て世代の方には必見です。

 

IMG_5886 (1)

コワーキングカフェは、
神谷の妻と移住者の長谷川さん奥さん
イシキカイカク大学修了生の岩坂さん(元々加賀市民)
の3名でやってくれています。

こちらは紹介動画を作ってくださった方がいるので、
そちらをご覧ください。

 

 

IMG_7074
自然栽培ファームは、
リクルートを退社して移住してくれた長谷川さんが
「株式会社にちにち好日」を作って、皆さんとやってくれています。

IMG_7086

 

 

そして、今年の秋からプレオープンするのは
廃校を活用した小中学生のフリースクールです。

将来的には加賀市の公立学校のモデルチェンジを
計画していますが、子供たちは日々成長するので、
先駆けてフリースクールも準備していきます。

フリースクールの一番のメリットは
多様な大人が先生になれること。

CGSやイシキカイカク大学でお世話になっている先生方にも
遠隔で授業をしてもらう計画です。

10代のうちに社会の仕組みを学ぶスクールにしたいですね。

 

それと大切なのはリーダーシップ。

この点については、今年の3月に陸上自衛隊を退官され、
加賀に移住してもらった伊崎さんに尽力いただきます。

181018215_930106161150988_8774084794123305044_n (1)

福岡県北九州市出身。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊に34年間奉職。落下傘部隊の第一空挺団で鍛えられた後、主に情報・作戦・国際系で勤務し、国内は沖縄から北海道まで、海外はモザンビークに半年、東チモールに2ヶ月、ミャンマーに3年間赴任した経験を持つ。東日本大震災に際しては、連隊長として隊員を率い、2ヶ月間、気仙沼市で災害派遣に従事するなど、防災・危機管理についての経験も豊富。昨春、自衛隊を卒業するタイミングで、放送大学大学院を卒業し、新隊員教育をテーマとした修士論文で学術修士を取得。現在、自宅のある北九州市と加賀市を往復しつつ、加賀のプロジェクトに参加中。

 

伊崎さんには早速8月に中高生を対象にしたリーダーシップ研修を企画していただきました。

令和3年8月18日(水)~20日(金)
【夏休みサマーキャンプ in 加賀 ~ 中高生 リーダーシップ編 ~】

こうして集まっていく【人】がプロジェクトを作っていってくれます。

IMG_7126 (1)

私は構想を作って、全国を回り、人を集めてくるのが仕事です。

6月も7月も加賀の見学受け入れは予約いっぱいです。

情報はメルマガアプリ【KAGURA】で毎日無料配信していますので、プロジェクトの進捗が気になる方はアプリをダウンロードしてください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。