日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タブーな言論 vol.6

タブーな言論 |

【長谷川豊アナの番組降板に思うこと】(10月1日更新 神谷宗幣Facebookより引用)

news_20160929190317-thumb-645xauto-95171

長谷川さんのblogなどは、意見が違っても、発言が尖っていて好きです。

今回も「殺せ」の表現はよくないけれど、言わんとするところはよくわかるものでした。
あれでキャスターを降板になるなら、テレビに出る人は、キツイ表現や尖った意見を言えないことになりますね。
ますますテレビが面白くなくなる。

防衛大臣も過去の核武装の問題で叩かれてるし。
日本では公のポジションにつく人は当たり障りのないことしか言えないんですね。
本音とたて前の国だからか。
しかし、本音を知らず、たて前しかわからない国民を増産したら、国が滅びそう。

長谷川さんには引き続き尖った発言や記事を期待したいです。
反省はしても、丸くならないでいただきたい。

●長谷川豊アナ「今でも間違った内容を書いたつもりはない」 「人工透析」問題でテレビ大阪は降板発表

 


【慰安婦問題をでっち上げたのは日本人】(10月20日更新 神谷宗幣Facebookより引用)

こうしてしっかり資料を示し、話をしてくださる方が韓国にもいらっしゃることが良心ですね。
社会的に抹殺されないことを祈ります。

「慰安婦問題を大きくしたのは日本人」
まさにその通り>_<

昨日は村田春樹さんに、関東大震災時の朝鮮人虐殺に関する事情をお聞きしました。
もうすぐ100年がたつので、6000人虐殺説を掲げ活動している方々がいるそうですが、それも日本人だそうです。
日本人の中に日本を貶めたい人がいるのが悲しいですね。

そんな人がいると思わないから、みんな騙されます。

frn1607281233004-p1

●慰安婦性奴隷説を明快に否定 「こんなでっち上げを作ったのは日本人だ」と訴えるソウル大教授に学問的良心を見た

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。