日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんの力を借りる方法を!

告知・宣伝 |

今、後援会活動を頑張っていますが、全国の皆さんにもご協力いただける方法をいろいろと考えています。

楽しく気軽に協力してもらえる方法も準備していますが、現状お願いできるものを3点挙げます!


(1)サポーターの名簿を集めております。

吹田のお知り合いを神谷にご紹介ください

ご紹介フォーム  https://ssl.form-mailer.jp/fms/a36c6412348367

(2)ボランティアを募集しています

ボランティア登録フォーム https://ssl.form-mailer.jp/fms/98af6627345842

*具体的なお願い
1 ポスティング(各戸ポストへのビラの投函)

かみやソウヘイの広報誌を吹田市の全ご家庭(14万軒)に配布する予定です。
ご近所周辺など可能な範囲・枚数だけで結構ですのでお散歩ついでなどにご協力ください。

2 お知り合いや地域の集まりのご紹介
3~4人程度の集まりで結構ですので、吹田市民の集まる所にかみやソウヘイをお呼び頂きご紹介ください
<例>サークル後のお茶会、親しいお友達との食事会など

3 電話かけ
かみやソウヘイへのご支援の呼びかけ
選挙公示後のかみやソウヘイへの投票依頼

4 府議会議員選挙初日のポスター貼り
4月3日(金)の午前中、吹田市内数百箇所の掲示板に一斉にポスターを貼らねばなりません
地図や道具はこちらで用意します。お近くのエリアだけで結構ですので、掲示をお願いいたします。

(3)カンパのお願い

お金がないのがかみやの弱点ですが、特定の団体のしがらみが無いのが長所でもあります。
経費はなるべく切り詰めて活動していますが、人件費や広報費の捻出は最も難しい活動の一つです。
個人献金という形で、活動のご支援を頂ければ幸甚です。

*個人献金ができるのは、日本国籍を持つ方に限られます。
(法人寄付は法律上お受けできません。クラウドファンディングは法人でも問題ありません。)
*振込用紙以外でお振込みいただく場合には、FAXやメールで『お名前・ご住所・ご職業』をお知らせ願います
*寄付金の税額控除または所得控除を希望される場合には,下記に振り込まず、事務所(090-6059-8330)までご一報ください。

お振込先:三菱東京UFJ銀行  吹田支店 普通口座 0003205 神谷宗幣政策推進会

*手軽に寄付ができるクラウドファンディングもご用意しました(法人も可)。

http://zipango.shootingstar.jp/projects/1688

イベントやボランティアにご参加いただく、ご友人を紹介いただく、カンパをしていただく、といった様々な形で大阪だけでなく、全国の皆さんのご協力を頂き、後援会活動を活発にしていきたいと思います。
——————————————–

お問い合わせ先

MAIL info@kamiyasohei.jp
TEL 090-6059-8330(担当:奥村)
———————————————

登録タグ:
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。