日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進化する組織にふれて

ブログ |

今日は昼過ぎに伊勢をたち、

東京の椿山荘で開催された人材育成を業とするキャリアコンサルティングのしがく決起会に参加してきました。

この会は、自己投資をしながら人間力を高めようと学ぶ20~30代の若者が200人以上集まる会です。

私はこんな会を日本でここしか知りません。

ゲストは、中條高徳先生を筆頭に、
矢野弾先生やペマギャルポ先生のほかCGSでお世話になった方々含め、過去最大の18名が参加でした。

私もその末席でご招待を頂きました。

三年連続で参加していてわかるのは、
この組織は進化しているということです。

社長が40代で若く、社員もメンバーも皆さん20~30代ですから伸びしろが大きく、進歩が早い。

また礼儀や話を聞く姿勢がしっかりしていて、目のくすんだ人がほとんどいない。

前に龍馬プロジェクトのメンバーをあるセミナーに呼んだら、会の雰囲気に感動し、
龍馬プロジェクトもちゃんとしないといけないと、私が注意されたくらいです。

今日は中條先生が体調がよろしくない中、車椅子で参加されてました。

先生にそこまでさせる熱が組織にあるからですね。

代表の室舘氏とはもう5年ほどのお付き合いになりますが、

私がみるに1番勉強していらっしゃるのはやはり代表です。

photo:01



やはりそうでないと組織は進化しないんですね。

率先垂範。

私もいくつかの組織の代表をやってますから、見習うところがたくさんあります。

今日改めてそう感じました。

余談ですが、社員さんで私がスピーチのアドバイスをした方のスピーチがかなりレベルアップしていて嬉しかったです。

自分で主催する講座もそうですし、過去に関わったインターン生たちもそうですが、自分の指導で人が少しでも成長してくれるってすごくやりがいを感じます。

これまでの経緯を振り返り、私の教育の方向に間違いはないはずです。

あとはどう広げるかなんですが、
それを政治家としてやるべきか、市井でやるべきか、悩む今日この頃です。

最近のキーワードは、
大和魂をもった日本男児を増やすということ。

今日もしがく決起会の後は、そのテーマのミーティングでした。

選挙をやるべきか?
専念して教育、啓発活動をやるべきか?

どちらも一本に絞れば成果は出せるはずですが、、
まだ自分に迷いがありますね。

時間は一日24時間で、
身体は一つですからね。

自分の命をどう使うか。

あと10000日くらいしか残ってませんからね。

3ヶ月があと100回ちょっとあればいいほうです。

あっという間に終わりそうですf^_^;

考える秋です。

iPhoneからの投稿

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。