日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤井浩人 美濃加茂市長の件 続報その17 

ブログ |

8月25日、ついに藤井市長が保釈されました。

photo:01



その報告を受けて、私は在東京のカメラマンをつれて25日夜に、
美濃加茂に入りました。

photo:02


photo:03



現場では、美濃加茂市民に向けての街頭演説を見ることができました。

非常に胸を打つよい演説でした。

photo:04



その後は、CGSとKAZUYAチャンネルで合同収録。

藤井資料の生の声を聞いてきました。

26日の夜に前編を配信しました。

27日の夜には後編を配信します。

さまざまな制限はかけられていますが、

インタビューでも話されているまっすぐな思いで、市長としての責務を果たし、

裁判に勝って頂きたいと思います。

photo:05


********

「美濃加茂市を焼け野原にするぞ」と警察に言われた――保釈された藤井浩人市長が会見

弁護士ドットコム 8月25日(月)17時43分配信

受託収賄などの罪で起訴された岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長が8月25日、名古屋拘置所から保釈された。すぐに職務に復帰する意向を示していた藤井市長は、市役所に登庁後、記者会見を開き、「(保釈の条件である)接触禁止は幹部にも及んでいる。その点は守りながら、市長としての仕事を全うしたい」と語った。

●副市長や秘書係長らとの「接触禁止」が保釈条件

今回の保釈については、証拠隠滅のおそれがあるとして、海老和允副市長や秘書係長、総務部長など、多くの職員との接触が禁止されている。弁護人をつとめる郷原信郎弁護士によると、接触禁止の人との連絡については、第三者を介した伝言も許されず、弁護人が間に入らなければならないという。

郷原弁護士は「これほど多くの接触禁止条項がついていて、いささか驚いた。しかし、副市長と秘書係長については、検察官調書に同意しており、今後、証人尋問の請求をしないことも明らかにしている。証拠隠滅は考えられない」と語った。副市長と秘書係長については、接触禁止の対象外にするよう、保釈条件の変更を求めているという。

また、市議会本会議などで副市長と同席する可能性があることについて、郷原弁護士は「話をしない限り問題ない」「そもそも接触禁止とは、事件のことについて話せないということで、公務について話をしてはいけないわけではない」と語った。

●警察の取り調べで「市民に対する侮辱」

藤井市長は事件について、「現金を受け取った事実はなく、潔白だ」とあらためて主張。「取り調べでは、『早く認めて、市長を辞めれば楽になる』と散々言われた。しかし辞める事は少しも考えなかった。2万2000人の署名もいただいた。筋を通して、市長職を続ける考えに変わりはない」と強調した。

警察の取調べでは、「はな垂れ小僧に投票した市民は何を考えていたんだ」「早くしゃべらないと美濃加茂市を焼け野原にするぞ」と言われたという。「市民に対する侮辱だ。検察では取調べが録音・録画されていたが、警察でも必要だったのではないだろうか。今後、(取調べの可視化を)強く訴える立場にあると思った」と語った。

約2カ月ぶりに美濃加茂市に戻ってきた感想としては、「市民をみて本当に安心した。今日からしっかりと市長職をまっとうできる。空白期間の分を何倍にもして返さないといけない」と意気込んだ。今後取り組むこととして、「まずは現状認識が必要。これから幹部と話して、この2カ月間に何があり、何が止まっているのかを情報収集したい」と述べた。

(弁護士ドットコム トピックス)

***********

美濃加茂市長を保釈 「直ちに市長の職に」

8月25日 中日新聞

 岐阜県美濃加茂市のプール水浄化設備導入をめぐる汚職事件で、事前収賄などの罪で起訴された市長の藤井浩人被告(30)が二十五日、保釈保証金一千万円を納付し、勾留されていた名古屋拘置所(名古屋市東区)から保釈された。

 身柄の拘束が解かれるのは、六月に逮捕されて以来、約二カ月ぶり。拘置所を出た藤井被告は濃紺のスーツにネクタイ姿。出口で弁護士らの出迎えを受け、拘置所の職員らに深々と一礼した。

 詰め掛けた報道陣には、緊張した表情で「市民の皆さまや多くの方々にご迷惑をかけ、本当に申し訳ない」と陳謝。その上で「逮捕から一貫して潔白を訴えてきた私が、(保釈を)勝ち取ることができたのはご支援があってのことと、感謝している。直ちに美濃加茂市に帰り市長の職に就く。六十日以上、仕事が全くできなかったので、この空白を何倍にもして、市民にお返ししたい」などと公務復帰に意欲を語り、迎えの車で美濃加茂市へ向かった。

 弁護団によると、保釈には、副市長ら市幹部を含む約三十人との接触を禁止する条件が設定されたという。

 藤井被告は同日午後、美濃加茂市内で記者会見を開く予定。同市の海老和允(かずよし)副市長は、被告が早ければ今週中にも、市長として公務に正式復帰する見通しを示している。

 名古屋地裁は二十二日に四回目となる藤井被告の保釈請求を却下したが、二十三日付で準抗告を認めていた。

 藤井被告は、設備導入で便宜を図った見返りに現金計三十万円を受け取ったとして起訴され、一貫して否認。贈賄側の業者は、現金を渡したと認めている。

 名古屋地裁では検察、弁護側が参加して争点などを絞り込む公判前整理手続きが大詰めを迎えており、初公判の日程が近く決まるとみられる。

**********

<美濃加茂市汚職>市長保釈 藤井市長会見の主なやりとり /岐阜

毎日新聞 2014年8月26日(火)12:38

 --事件をどのように受けとめているか。

 自分は潔白であり、現金を受け取っていないと言い続けてきた。接触禁止で市幹部にも接触できなくなっているが、可能な範囲で職務を全うしたい。

 --拘置所での生

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。