日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武雄市、福岡市 視察報告

視察・研修報告 |

4月15日、
武雄市役所を訪れて、①市民病院の民間移譲、
②議会YOUTUBE配信、
③ドラマロケ誘致、
④庁舎内キッズステーション
について合計4時間のレクチャーを受けた。

P1150286

 最初に樋渡武雄市長自ら一時間、
市政運営に対する思いと政策推進の苦労を説明してくださいました。市長のレクチャーをお聞きしながら、
この市長がおられてはじめて様々な事業が進んでいるのだということを改めて実感し、やはり政治は人である、
ということを再認識した一時間となりました。

P1150301 P1150293 P1150303

 市長選挙直後の時期、
しかも当日は夕方から上京を控える忙しい時間帯に無理にお願いしてレクチャーいただいた樋渡市長。
かつては高槻市でも働いておられたやり手の行政マンで、新潟県三条市の国定市長の友人でもいらっしゃいます。

 昨年、
国定市長の紹介でお会いして以来、一度しっかりお話が聞いてみたかったので、今回は大変嬉しい視察となりました。

P1150306 P1150308 P1150313

 市民病院の民間移譲については、
受け皿となる民間病院が地域に存在していたことが成功のポイントであったことがよく分かった。
地元の医師会ともなかなか揉めたといった裏話もお聞きしたが、改革には摩擦がつきものであり、
それを避けて玉虫色の落としどころを見つけるのではなく、リーダー自らがそれを乗り越えようと取り組んだことに、強い共感を覚えた。
吹田市でもそういった勇気ある改革を進めていくことが肝要ではないかと感じる。

 議会YouTube配信については、
コストをかけずにアイデアで市民への情報発信に取り組んでおられる点が参考になった。
なんでも予算ありきで考える行政の体質をしっかり見直していきたい。


ドラマロケ誘致政策については、市長自らのトップセールスで実現したとお聞きし、驚きを隠せなかった。
リーダーが変われば町が変わるという典型的なモデルがこの武雄市ではないかと感じる。また、ただドラマを誘致しただけでなく、
地元の素人のおばちゃんたちを集めて「BACHAN」というグループを作り、市のPRにも協力してもらうなど、
ここでもお金を使わずアイデアで勝負するという手法をとっていらっしゃることがわかった。


庁舎内キッズステーションは、市民の便宜性に配慮した政策であると感じた。市民の目線で政策を考えることの大切さを教えていただいた。

   

 P1150321 P1150317


4月16日は、福岡市にて学校規模適正化のため4つの小学校を統合し新しい一つの学校を作るという事業を視察させていただいた。


予想していたとおり、学校の統合には地域の反対が一番のネックであったということである。しかし、
新しい学校を設けることで子供達にどれだけメリットがあるかをしっかりと説明し、
統合をなしとげた市の実行力は見習うべきべきであると感じた。


実際に新しく建てた学校を視察させていただいたが、あまりに近代的で驚いた。


また、やはり綺麗な学校で学んでいる子供たちの表情は明るく感じる。
吹田市の学校施設の改善を早く進めるべきであると強く感じる視察であった。

P1150333P1150328  P1150329

P1150338 P1150341 P1150349

開放教室に、屋上緑化、新しい校舎、幼稚園と公民館の合同建設などなど

あまりに吹田の学校と違いすぎて、、、、、。

P1150350

16日の視察は、関東、関西、九州、3地域の超党派議員団で行わせていただきました。

同世代の議員で、積極的に行う視察は質問などが飛び交い、大変活気があり勉強になります。

登録タグ:
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。