日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動(文:倉本)

スタッフブログ |

マスメディアではほとんど報道されていませんが、5月16日の土曜日、NHKの偏向報道に抗議するデモが、東京を始め青森、愛知、福岡、そしてNHK台北支局でも行われました。

詳細はチャンネル桜  NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動  に掲載されています。

問題の番組はNHK総合テレビが2009年4月5日に放送した「NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー」の第1回放送、「アジアの“一等国”」です。私も偶然にではありますが当該番組を視聴していました。ちょうどその前日(4月4日)に、元台湾籍日本兵 蕭 錦文(ショウ キンブン)氏の講演会へ参加して、日本統治時代を生きてきたご本人の様々な証言をお聞きしたところです。そのため、蕭氏のお話との食い違いに驚いたと共に、負の側面ばかりを大げさに取り上げている番組内容があまりに気持ち悪すぎて、最後まで見ていられませんでした。

産経新聞に当該番組に関する記事が載っていたので、リンクを貼っておきます。

【検証】NHKスペシャル 台湾統治めぐり「一面的」 (2009年5月3日  産経新聞)

歴史に関する正しい知識を持たない人(子供など)がこれを見たら、日本は罪ばかり犯してきた国で、自分たちはその祖先の罪を背負った罪人なのだ……と思ってしまっても不思議ではありません。愛国心を持つことなど到底出来ないでしょうし、祖先や歴史を大切に思う心さえ育まれないのではないでしょうか。

NHKは日本国民から受信料を取って番組を制作しています。日本を代表する放送局として正しい情報を迅速に流してくれると思っていたからこそ、国民は今までNHKに受信料を払ってきたのではないでしょうか。それがこれほど日本国民への悪意や憎悪に満ちた偏向番組を平然と放送するとは…。偏向報道に抗議する活動に一般の市民が数多く参加したことは、日本のメディアのあり方や今までの歴史認識を見直す上で大きな一歩になると私は思っています。ただ、この抗議活動がマスメディアで報道されていない点が気になります。

 

**********

【5/25追記】第2弾抗議活動が計画されているようです。

NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。