日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青山台中学校(訪問日 平成20年2月25日)

視察・研修報告 |

青山台中学校(訪問日 平成20年2月25日)

青山台中学校を視察しました。

*校長先生の学校紹介

平成19年度から、青山台中学校区の子どもたちを「生命を大切にし、触れ合い、語り合い、感じあえる子ども」
に育てようと表現力やコミュニケーション力の育成に力をいれています。昭和39年に開校して今年の4月で45年目に入ります。
この節目の時に、さらに充実・発展させ保護者・地域の方々とともに「行ってよかった、行かせてよか った学校」
づくりを進めていきたいと考えてい
ます。

P1010162

真面目な印象の山下校長先生。

校区の地域が抱える問題点などを丁寧に教えてくださいました。

P1010129

校内には掲示物が沢山あり、いじめの撲滅を訴えたり、俳句を作って国語力の向上を図ったりと、
さまざまな活動をされているのが良く分かりました。

IMGP2485

校内に菜園があります。

生徒には、土に触れる良い機会になりますね。

IMGP2520 

PTAの皆さんが作ってくださった花壇。帰り際に生徒の気持ちの安らぎになるようにと、校門の横に作られたそうです。

P1010164 

プルトップを集めて車椅子を送ろうと活動されていました。

目標はなんと800kg!!すでに400kg集まったそうです。

*神谷コメント

 スピーチ大会・作文コンテスト・俳句大会などを催して、「自分を表現する力」や
「文章を書く力」をつけさせている取り組みを熱心に語っておられた校長先生の姿が印象的。
いじめの撲滅を生徒会中心に積極的に行うなど、生徒のメンタル面に配慮した教育を行っておられる様子が良くつたわった。

 北千里小の統廃合で、生徒数の減少が予想される学校であるので、
今後の課題は大きいのであろうと推察した。行政側のサポートもしっかり行っていきたい。

*インターン生 野口のコメント
 今回の視察は私にとって二度目の学校視察でしたが
校長先生はとても親密にお話してくださったので、勉強になりました。
特に青山台中学校の廊下には生徒たちの作品が大きく飾られていたり、
ジュースの缶のフタをみんなで集めて車椅子をもらおうという取り組みがなされていたりと、
学校独自の姿勢が窺えました。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。