日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名門エリート高校生が起こした事件から、日本の教育を考える

最近の動向, 気になるニュース |

こんにちは、神谷そうへいです。

昨日は大学のセンター試験でしたが、悲しいニュースがありました。
↓↓↓
『東大前で高校名や偏差値叫ぶ 事件背景に学歴への執着か』

17歳の少年がテストを受けるために集まっていた受験生を
いきなり包丁で切りつけた事件です。

調べると、この少年は愛知県下の名門エリート校の生徒とのこと。

このようなニュースがあると、
やはり日本の今の偏差値重視の教育について疑問を感じざるを得ません。

子供たちの個性を無視した画一的な偏差値重視のお受験教育により、
子供たちの心がどんどんと荒んでいっているように感じます。

参政党では、政策の一つとして教育について
「自らの幸福を自ら生み出せる”人づくり”」を掲げています。

本日は、
・今の日本の偏差値重視教育の問題点
・これからの子供たちに必要な力
・参政党の教育への想い
についてお話したいと思います。

フリースクール

私は、子供たちの教育において必要なのは
「学ぶこと、考えることの楽しさを知っていること」
「やりたいことを自分で見つけ出すこと」
だと考えています。

今の教育をみると、残念ながら日本は
「受験勉強」のための偏差値教育に侵されていますよね。

このような、いわゆる良い学校に入るためのお受験のための勉強だと
暗記することに重きが置かれたり、模範解答を出すために正解を教え込まれる教育だったりするため、
「自分の頭で考える」という機会が失われてしまう。

つまり、受験に受かるための正解を出すことができるようになったとしても、
自分でなんとか答えを見つけようとする力であったり、
学ぶことの本当の楽しさに出会えなくなってしまうと思うのです。

私は、海外の学校もたくさん視察してきましたが、
日本の子供たちの学力は、国際基準でみても決して引けをとりません。

ただ、それはテストが上手なだけであって、
社会人になったときに、海外の人材と渡り合えるかは別問題です。

日本の学生はとても真面目で優秀ではありますが、「自分の頭で考える」訓練をしていない。

だから、答えのない問題に取り組むことや、
何かをゼロから作り出すということが非常に不得手だと感じています。

自分の頭で考えず、ただ人から言われたことを受け身でこなしているだけでは
結局心から満たされることはないし、人からの評価を基準に生きるようになってしまう。

まわりの評価ではなく、人からどう言われようと、自分はこれをやりたい!と思うものを見つけることが
これからの激動の時代を乗り越えていくためにものすごく大事なことだと思います。

偏差値重視のお受験教育によって、与えられた課題を受け身でこなすばかりで
「自分の頭で考える力」
「やりたいことを自分で見つけ出す力」
が失われてしまったように思うのです。

自分の頭で考えて何かを作り出していける日本のリーダーを育てられなかったことこそが
日本企業が国際競争で勝ち残れない原因にもなっているのではないでしょうか。

まる

いい国家を作るには、結局はその構成員である私たち国民一人一人の力を高めていくしかない。

そして、そのためには教育を変えて私たち大人が、
次の世代の子供たちに伝えていくことです。

「自らの幸福を自ら生み出せる”人づくり”」

参政党では、教育についてこのような想いで取り組んでいきたいと考えています。

合宿

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。