日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第二子の誕生とこれからの活動

最近の動向, 最近の動向 |

11月24日に第二子が誕生しました。

女の子なので、
【神谷茅歩(ちほ)】と命名しました。

IMG_9741

茅の花言葉は、

子供の守護神、親しみ

また茅は耐久性もあり、
屋根や茅の輪にも使われて
人々の役に立ちます。

みんなに愛されながら
力強く歩んで欲しいという意味を
込めて名付けました。

家族4人で、助け合いながら
それぞれの魂を磨いていきたいと思います。

引き続き宜しくお願い致します!


最近こちらのホームページの更新は
疎かになっていますが、

参政党

加賀プロジェクト

龍馬プロジェクト

イシキカイカク株式会社

全て頑張って活動しています。

 

IMG_9584

参政党は来年の参議院議員選挙にむけて
準備を着々と進めています。

全国比例で戦う予定ですので、
ついに皆さんに応援いただける
プラットフォームが作れます。

IMG_9777 IMG_9778

参政党のポスターを全国に貼り始めていますので、協力いただける方はこちらから登録をお願いします。

ポスター掲示協力者募集

IMG_9745

加賀プロジェクトは、
【教育×農業×仕事づくり】に取り組んでいます。

教育については、
保育園とフリースクールを開設しました。

244971340_396488765521711_1624370575973683667_n

てくてくの杜

来年4月には中学生の部も開設しますし、
高校生や大学生が学べるフィールドも来年つくります。

保育園から社会に出るまでを
全部コースで作る計画です。

IMG_9775

農業については、
農薬も肥料も使わない自然栽培で
生産を始め、夏から出荷もできるようになりました。

にちにち好日

人間は何を食べるかで、

身体も生き方も大きく変わります。

せっかくよい教育をしても、
食べ物が良くないとダメだと考え、
食べるところからの、いや、
作るところからの食育に取り組んでいます。

仕事づくりについては、
コワーキングカフェに、
IT系の企業を誘致し、若者の雇用をスタートしました。

プロークカフェ

また、加賀市さんにご提案させてもらい、
シリコンバレーの企業から本場のスタートアップを学び、世界の市場でビジネスを始められるネットワークをつくっています。
龍馬プロジェクトは、
全国のブロック研修とは別に、
毎月オンラインセミナーを開催し、
情報の共有を進めています。

議員や首長のメンバーはどんどん増えていますし、首長会の代表だった鈴木英敬氏も衆議院議員になり、国会議員参与も充実してきました。

IMG_9690

イシキカイカク株式会社では、

来年1月から5月まで千数百人を対象に、
第五期のイシキカイカク大学をスタートします。

 

こちらはまだ申し込みが可能なので、
奮ってご参加ください。

683dc991-8267-4b9b-bee0-e77bbb0c5c7c_main_pc
また、11月26日からは
DMMさんから声がけいただき、
オンラインサロンもスタートしました。

 

こちらは以下の10のサービスを
ワンストップで受け取れ、
トピックと時系列で整理して
視聴できます。

① 毎月のZOOM質問会&交流会
②YOUTUBEにアップできない
ニコニコの有料動画
③デイリー神谷の最新音声
④過去のセミナー動画
⑤毎日のKAGURAの配信
⑥毎日のCGSの配信
⑦最新のイベント案内一覧
⑧デイリー神谷
過去第1話からのアーカイブ
⑨友人限定のSNS投稿
⑩セミナーチケットの特別価格販売
こんなことを同時進行でやっていますので、
今年は44年の人生で一番忙しい一年でした。

 
そして、来年は今年以上に忙しい年になることがほぼ決定しています。

しかし、それぞれのプロジェクトに
たくさんの仲間やスタッフが加わってくれ、
自分たちの頭で考えて活動してくれるので、
どんな忙しさも乗り越えられる自信があります!

家族にも仲間にも恵まれて
幸せだと思っていますので、
世の中を少しでも良くするために
引き続き挑戦していきます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。