日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福島第二原発に行ってきました!【龍馬プロジェクト東北ブロック研修】

最近の動向, 視察・研修報告 |

11月24日は龍馬プロジェクトの東北ブロック研修で、福島第二原発を視察してきました。

IMG_3575

第一原発ばかりに目がいって、我々も第一原発は2回視察に行きましたが第二原発は初めてでした。

セキュリティチェックを厳密に行われたのち、敷地内に入り、東電の方が丁寧に震災の被害や復興状況をプレゼンしてくださいました。

IMG_3582

話を聞くと、第二原発も津波で4つある電源の3つがやられていたんですね。

1つがなんとか生き残り、そこで燃料棒を冷やすことができたそうです。危なかったんですね。知らないのは怖いことです。

今、原発は停止していて、燃料棒は原発から外されて使用済燃料プールで保管されています。

今回は、原子炉建屋の原子炉圧力容器の中まで入れてもらい、現状を見せてもらいました。

震災の被害後も残っていて、その大変さを肌で感じまし、安全対策もすすめられていることがよくわかりました。

被曝量は0.0でした。

やはり現地に足を運んで、本物を見ることは大切です。

以下は私見です ********

さて、原発問題はどうしましょうか?

皆さん、我が事として考えていますか。

私の個人的な意見は、原発政策は期間を決めて廃止です。

ただ、今ある施設は耐久年数を決めて、安全対策をして使うべきだと考えています。

その期間、発電で得たお金で他のエネルギー生産方法に投資し、電力会社の社員さんをそこに移行し、スライドさせていくが現実路線ではないでしょうか。

原発は止めていてもお金がかかります。今回ヒアリングすると、止めている福島県第二原発だけでも450人の人が管理にかかわり、年間数十億のお金がかかるそうです。

日本全体の維持費用はいくらでしょうか。そのお金は誰が払うのかといえば、我々国民です。

また、原発は止めていても燃料棒など、使用済み燃料をすぐに廃棄できるわけではないので、リスクはあるのです。

そもそも論で、先日視察したデンマークのように国民がしっかり勉強して政府を止められたらよかったんです。もしくはイスラエルのように原子力研究はするが原子力発電はやらない選択肢もあったかもしれません。

しかしやってしまい、事故も起こした。

爆破されたという話もありますが、そうだとしても安全は担保できなかったのは事実です。

今後の安全対策や使用済燃料の保管なども含めてみれば、原発が決して安価な電力とは言えなくなるでしょう。

よって、すぐにやめろ!という人々の意見もわかります。

しかし、じゃあ今の施設や働いている人々、使用済みの核燃料はどうしますか?

青森県に中間貯蔵施設と廃棄施設を作ってますが、完成しても順番待ちで直ぐには全部処理できないそうです。

その間に核燃料のあるプールを攻撃されたらどのみちアウトです。

稼働していても、止めていてもリスクはあるわけですから、どうせ維持管理するなら稼働させてお金に変えて、そのお金で新エネルギー政策をすすめるべきではないでしょうか。

方向性を決めず、だらだらやるのが1番のリスクです。国民が原発の事故を忘れるのを待つようなことを考えているなら我が国は終わっています。

いつまでにどうするのかを決めて、産官学で協力して次の方向に向かわねばなりません。

水・エネルギー・食料は国のライフラインです。その方向性はしっかり国民に示し、リスクを含めて考えさせ、国民に判断をさせてこその民主国家ではないでしょうか。

これをやるには、国民の教育から初めて、我がことにしないと、政治家や電力会社を責めていてもどうにもなりません。

悔しいですね。

*************

原発視察を終えて、夕方からは福島県のいわき市で、龍馬プロジェクトの仲間と【第4回のふるさと起業カンファレンス】を開催しました。

IMG_3580

この企画は、地域を活性化するために地方の思いある方々を繋いでいき、そこに地方議員も関わりながら、政経一体でやっていこうという思いでやっています。

今回も講師はウェイビーの伊藤健太さんにお願いしました。

IMG_3579

IMG_3577

 

伊藤さんの主張で賛同できるのは、起業を促進するのに、行政は補助金など出すな、自分たちでやらせろとハッキリ言ってくれるところです。

また、みんな平等になんて言わないで、人を選んで集中支援して、強い企業をまず一つつくれというのもその通りだと思います。

他にも講演は、聞くたびにいつもアイデアを与えてくれます。

少しだけ例をお伝えします。

伊藤さんは、いい経営者の要件として

・全てを自分事にして考えている

・「How(思考様式)」「What(行動様式)」ではなく「Why(価値観)」で考える

・常に新しいアイデアを考えている

などをあげられます。

全てを自分事にして考えているか?

と聞くと、ビジネスだけではなく、先の原発問題にみるように政治も同じだと思うわけです。

誰も日本のことを我が事として考えていないし、選挙も行かないから民主主義が機能しないわけです。

政治家や官僚の批判をしていても何も変わらないから、私なんかは自分でできることをやろうと考えますし、そういう日本人を増やさないと公務員やサラリーマンを増やしても国は強くならないと感じます。

例えば私にできるのは、一人でも多くの国民の意識を変えることで、CGSに引き続いてネットとリアルで大学をやろうとしています。

イシキカイカク大学

次に、「How(思考様式)」「What(行動様式)」ではなく「Why(価値観)」で考える

と聞くと、先日イスラエルの中学校でやっていたスタートアップの授業を思い出しました。

そこでも同じく最初に「何のために、誰のために事業をやるか」を考えさせ、

次に「誰とどうやるか」を考えさせ、最後に「どうやるか」を考えさせていました。

当たり前ですが、

何のために、を考えるときには、

やはり世のため人のため、となるわけです。

お金のため、だけに働かねばならない人生なんて奴隷みたいなものですから。

中学生からそんな教育をしているんですから、イスラエルのスタートアップが強いのもわかる気がしました。

また、常に新しいアイデアを考えている

という話の中では、

【非日常の組み合わせ】の中でしか新しいアイデアは生まれない

というメッセージがありました。

本当にこれはその通りで、私なんかが今やろうとしている活動の大半は、海外視察に行ってヒントを得たことばかりです。

環境を変えて、出会う人を変えないと新しいアイデアは生まれないです。

私はこんなことを考えながら話を聞いていました。

参加者の皆さんもいろいろ感じられたかと思います。

IMG_3599

龍馬プロジェクトは政治団体ではありますが、イデオロギー闘争のようなことをやるつもりは一切ありません。

国是十則という基本政策を共有し、

全国に有意のネットワークをつくり、

本当の歴史や国際情勢を学びながら、

政経一体で日本をよりよくしていくアクションを起こすチームづくりを目指します。

次回のふるさと起業カンファレンスは12月1日(金)に熊本で開催します。

http://furusato-conference.com/

伊藤さんの講演だけでも刺激的ですし、

地域経済の課題もわかるので、是非ご参加下さい。

*********

今後の龍馬プロジェクトの活動

①12/1 ふるさと起業カンファレンス【人吉市】: http://furusato-conference.com/

②12/9(協力)第5回 憲法未来研究会 イベント: https://www.ryouma-project.com/1642/

③12/10 北海道ブロック勉強会【 講師:小野寺まさる 氏 / 岸博幸 氏】: https://www.ryouma-project.com/1613/

④1/20 関西ブロック研修会【 講師:高野誠鮮 氏】: https://www.ryouma-project.com/1651/

⑤2/16 龍馬PJ勉強会 【 講師:三橋貴明 氏】: https://www.ryouma-project.com/1657/

**************

今後の神谷の活動

①12月8日(金)イシキカイカク大学 開講記念リレー講演会@東京
https://www.gstrategy.jp/event.php?itemid=1793

②12月16日(土)~17日(日)神話を体感する会@伊勢
https://www.gstrategy.jp/event.php?itemid=1693

③12月23日(土)イシキカイカク大学 開講記念講演会@大阪
https://www.gstrategy.jp/event.php?itemid=1792

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。