日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚の報告とクラウドファンディングのお願い

最近の動向, 最近の動向 |

平成29年6月13日火曜日大安

三年前から事務所でスタッフをしてくれている奥村ふみさんと、吹田市に婚姻届を提出してきました。

IMG_0235
今日は少しプライベートな話をします。


振り返れば、初めて結婚しようと思ったのは25歳の時でした。

あの時はまだ若くてドキドキしながら、相手の親御さんに挨拶に行ったのを覚えています。

婚約まではいったものの、その後父の会社が倒産して、結婚は無しになりました。
その後の20代の生活では、家族の生活も苦しく、大学院にも通ったので結婚なんて考えられずでした。

IMGP1339
29歳で市議会議員に当選するも、すぐに「龍馬プロジェクト」などを始めて、

時間とお金をほとんど活動に突っ込んでしまい、誰かと家庭を持とうなんて思えませんでした。

 

議員で独身でいるといろいろ辛いことがありました。

「家庭を持っていないと信頼できない」

「子供もいないやつが教育を語るな」

なんて、もう何百回言われたか分かりませんが、確かに的は射てるので、反論もできずにきました。

最近ではKくんとの「ホモネタ」も盛り上がって、本気で信じていた人もいます(笑)

P1230874

再び、結婚しようと思ったのは2011年の吹田市長選挙で敗れてからです。

4年間死に物狂いで活動して、なんとか吹田から日本の教育を変えたいと思い、止むに止まれず、

仲間の石川勝さんを市長候補に担いで戦ったのに、「維新の風」の前に惨敗させてしまいました。

有権者はどこを見ているのだろうと、1回目の政治への失望でした。

また、私は市議で当選して、たまたま流れで吹田市議会の副議長になったので、

「あいつは仲間(石川さん)を売って、自分だけポジションを得た」と陰口を言う人もいて、

もう政治なんか辞めたいと思ったくらいです。

この時は、かなり参っていて、そばで支えてくれる人が欲しいと思いました。

写真 12-06-05 7 24 41 写真 2012-10-09 8 28 26

しかし、一方で石川さんとの約束があり、私は次の衆議院議員選挙に出なければいけなかった。

私は衆議院選挙に出るからと、石川さんに頼んで吹田市長選挙に出てもらったからです。

いつくるか分からない選挙に向けて、表には出せないさまざまな動きをし、

町中にポスターを貼って、街頭演説を繰り返しました。

この間、結婚の話も持ち上がりましたが、様々な障害があり上手くいかず、2012年の解散選挙を迎えたわけです。

DSC00564

この時、何が何でも立候補することは決めていたのですが、吹田で十分に形もつくれておらず、無所属で出ても惨敗は必死。

そんな時に自民党から声がかかり、大阪13区(東大阪)での立候補を選挙の2週間前に3日間で決めました。

何も分からない東大阪という土地での短期の選挙は壮絶でしたが、あの経験は本当に貴重でした。

たくさんの人の助けと温かみを肌で感じられた選挙でした。

 

今回、結婚してくれた奥村はこの選挙の時、一番応援してくれたメンバーの一人です。

あの選挙を一緒にやっていなければ、のちに彼女をパートナーに選ぶことはなかったと思います。

 

選挙の結果は落選。

残念ではありましたが、私は約束が果たせてホッとしました。仲間にだけリスクを背負わせる形が解消できたからです。

しかし経済的には大変でした。6年間やってきた議員の報酬はありませんし、仕事もありません。

これではまた結婚が遠のいたわけです。

そして始めたのが、今の会社「グランドストラテジー」です。

政治をやってきて思ったのは、多くの人が

「目の前のこと、自分のことしか見ていない」

「マスメディアの情報に踊らされすぎている」

ということでした。

写真 2013-04-15 11 08 15
そこで独自メディアをつくり、全国的な活動で意識改革をしようと考えたのです。

それをやらないと「自分の信念や政策を訴えても多くの人には理解してもらえない」と思ったからです。
あれから、4年間CGSというネット番組の配信を続け、執筆、講演に加えて、毎年クローズで塾を運営できるようにもなりました。

この4年間で、ネットTVが普及し、だいぶ国民の皆さんの意識も変わり、マスコミの嘘や世界の構造を理解する人が増えてきたのは非常に心強いことです。
そして、こうした世の中の動きに合わせて、変化の渦をさらに大きくできないかと考えて企画してきたのが、

今回クラウドファンディングで協力をお願いしている

【イシキカイカク .com】です。

IMG_0225

詳しくは下に書きますが、このプロジェクトが上手く形になれば、今度は念願の学校づくりに取り掛かります。

私にはこういう教育をしたほうがいいというビジョンがあります。

それを吹田で形にしたくて、吹田市で提案しましたが選挙で玉砕。

私立の学校とやろうとしたこともありましたがそれも頓挫。

もう自分でやるしかないという思いがかなり強くあります。
しかし、一人では難しい。ですから仲間や支援者を集めてきました。

今回の【イシキカイカク .com】の構想の先には、小さい規模でも日本の教育の一つのモデルを作るという青写真があるんです。

今回、結婚に踏み切れたのは、こうした構想が、自分の中である程度固まって、実現できると感じられたからです。

また今の時期にしたのは、30代で結婚すると公言していたこと、しばらく選挙がないこと、が理由です。

(風雲急を告げる事態となれば、すぐにでも動ける準備はしていますが、私の勘ではしばらく私にお呼びはかからないのです。)

また、奥村と結婚してもらったのは、

彼女が【私の散々な姿を、数年間そばで見てきても離れずに応援してくれたこと】これに尽きます。

私のようなわがままで、落ち着かない人間を許容できる人はあまりいないし、さらに合わせてくれる人はもっといません。

彼女には多くの迷惑をかけ続けると思いますが、

人生の最後に「神谷宗幣」と一緒にいて面白かった!と言ってもらえるように私は精進します。

それは、奥村に限らずお付き合い下さる皆さんにもっている私の想いです。
今回、結婚でまた一つの区切りがつきましたので、また気持ち新たに頑張っていきます。

今後とも引き続きよろしくお願い致します。

 

19104944_938238109651691_1368272641_o
以上のような思いがあり、新しいプロジェクトに向けてのクラウドファンディングを結婚のタイミングでスタートしました。

29歳で市議会議員に当選してから10年です。

その間ずっと、教育によって若い世代の意識改革をしなければ!と思い続けてきて、

多くの仲間が集まってきました。

10年必死で動いて、今なら大きな構想が形にできると思っています。
具体的には、新プロジェクト【イシキカイカク.com】では

STEP1 ネットとリアルで情報(インフォメーション)を収集する

STEP2 想いを語り合える仲間とつながり、交流の中で情報(インテリジェンス)を組み上げる

STEP3 講師や仲間と具体的なアクションをつくっていく

ということができるようになります。

学び、繋がり、行動する

私が10年間やってきたことを皆さんにもやってもらえるように、今システムを組んでいます。
お金以上に必要なのは、私のようなことを考える人間がいて、

こうしたことを考えているんだということをより多くの人に知ってもらうことなんです。
そのためのクラウドファンディングでもありますので、是非詳細をお読み頂き、

購入や拡散にご協力をお願いします。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。