日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年 今年の抱負

最近の動向, 最近の動向 |

あけましておめでとうございます。

新年最初の更新なので、簡単に今年の抱負を書いてみます。

今年の私の抱負は、

①「情報発信=教育」 

②「日本人の働き方&労働移民問題」

について取り組んでいくことです。

①については、

CGSというネット番組の製作に4年間取り組んできましたが、一人の頭でやれることに限界を感じてきたので、発信チームを作って、ネットとリアルを繋ぐ取り組みをより大きく進めていく所存です。

昨年は、アメリカの大統領選挙もあり、その国民の意思も示されました。戦後アメリカとは切っても切れない関係になっている我が国も、今年は大きく方向転換をするチャンスかもしれません。

その時に大切なことは、新しい発想を持って考え、行動する国民がたくさんいることです。明治の時代に日本が大きく方向転換できた(させられたとも言える)のは、江戸期のしっかりした教育を受け、世界を見て動ける人材がたくさんいたからです。

時代は違いますが、私は今も日本の大きなターニングポイントにさしかかっていると感じているので、それを支える人材とチームを作り、情報を発信し、後進を育てる活動をより具体的に進めていきたいと考えています。

そんな思いで、年末31日は松下村塾がある萩の松陰神社に参拝し、お正月は京都の北野天満宮に参拝をしてきました。

img_7511 img_7543

②については、

人材育成とリンクする問題として、どう働くかによって、どんな人材が必要かが変わってきます。ここ1年半で、スイスやイスラエル、デンマークなどの北欧の国を視察で回ってきて、教育と働き方の関係を深く考える機会を頂きました。

グローバル化とIT化の進む今だからこそ、もう一度日本人はどう働き、どう稼いで、どう生活するか、を真剣に考える必要があると思うのです。

そこから保育園の問題、労働基準法の問題、労働移民の問題などが派生してきます。こうした問題の根幹をとらえ、50~100年のスパンで 「木を植えるように」ものごとを考えていきたいと思うのです。
そんな思いで今年は会社で、
・CGSを含む情報発信
・東京・大阪・福岡での塾の開催
・講演や執筆
・国内外の研修の企画運営
をしつつ、
政治活動としては、
龍馬プロジェクトの活動を広げていきたいと考えています。
今年は4月までで5件ほど仲間の市長選挙があり、
30代の仲間が挑戦していきます。
私自身も学びながら、仲間を増やして伝えていく1年になると思います。
 
**** 閑話休題 *****
①の情報発信に関連して、昨年から私が購読している
「事実報道」について少し紹介します。
この新聞は「類塾」を運営する会社が発行されていて、
メインは教育のことが書かれています。
img_7550
学習塾を経営する会社なのに、現代日本の学歴偏重の教育に警鐘を鳴らしておられて、世界をみて人材を育成していこうというメッセージに非常に共感を覚えています。
教育のほかにも、国際情勢、歴史、食と健康、水・エネルギー、メディアといったテーマを取り上げておられ、こうしたことを子供やお母さん方に知ってもらい、考えてもらうことが、これからの教育に必要だと考えておられるようです。
このコンセプトは、私の運営するCGSと全く同じですね。目の前の受験やお金のことだけを考えるのではなく、世界の仕組みを知り、時代の流れを考えていかないと、人は育たず、国は疲弊するのだと思います。
週間の発行なので興味のある方は一度購読してみて下さい。
****************
1~2月の講演やイベントのご案内
東京3回、大阪2回、名古屋・福岡1回と年明けから全国で開催していきます。
①1月21日(土)
③1月26~29日 【残り2名】
第7回大人の修学旅行@奄美大島
⑤2月5日(日)
⑥2月12日(日)
⑦2月26日(日)
⑧2月27日(月)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。