日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

龍馬PJ 北信越ブロック研修会~女性の視点から日本の未来を考える~ 開催のご案内(開催日:2016.12.3)

イベント, イベント |

世界中で起こるテロ・中国の領海領空侵犯・北朝鮮のミサイルといった国際的問題からGDPの停滞やデフレ経済によって下がる家計収入や疲弊する地方・原発を含むエネルギーの課題・高齢者の介護・増える医療費といった国内の問題と向きあう中で、家庭をどのようにマネージメントすればいいのか、子供たちにどんな教育をすればいいのか、今こそ日本の女性にもしっかり考えていただきたい。

そんな想いで2人の女性講師を招いて、問題の捉え方と解決に向けて一人一人が取り組める処方箋をお話いただきます。

普段、遠く感じる世の中の様々な問題が、実は自分たちの生活に大きく影響していることに気付いてもらえる研修にしたいと思います。

1203

+++

【日程】平成28年12月3日(土)

【時間】開会 18:30~終了 20:40 (開場 18:00)

※21:00からフェリシーナにて懇親会を予定しています。予約制。当日実費精算。

【参加費】2,500円(当日、受付にて申し受けます)

※参加特典:「歴史戦はオンナの闘い」一冊進呈致します!!

【場所】高岡地区陸運事業協同組合 4階会議室

・住所:富山県射水市沖塚原747-1

【お申込み方法】
いずれかの方法でお申込みお願い致します。

①メールもしくはお電話にてお申込み
メール【info@ebikatsu.jp】
電話【090-6278-0007】
担当:海老 克昌<えび かつよし>

もしくは

②下記のPDFをご印字の上、必要事項をご記入後にFAX送信お願いします。
【FAX番号:0766-82-1198】

◆ PDFはこちら : 北信越ブロック1203

【スケジュール】

18:00 開場

18:30 開会挨拶 龍馬プロジェクト 会長 神谷宗幣

18:40 杉田水脈氏 講演

19:10 河添恵子氏 講演

19:40 河添恵子&杉田水脈 トークセッション&質疑応答 司会 神谷宗幣

20:40 閉会挨拶 龍馬プロジェクト北信越ブロック長 海老克昌

※21時より懇親会を予定しています。予約制。当日実費精算。

・懇親会 会場:フェリシーナ (住所:富山県射水市海王町8)

+++

◎講師:河添 恵子 氏

kawasoe002

1963年生まれ。
名古屋市立女子短期大学卒業後、1986年より北京外国語学院、
1987年より遼寧師範大学(大連)へ留学。
1994年に作家活動をスタート。
2010年に上梓した『中国人の世界乗っ取り計画』(産経新聞出版) は、ネット書店Amazon〈中国〉
〈社会学概論〉の2部門で半年以上、1位を記録するベストセラー。世界の教育関連の図鑑・書籍は49冊。
TVコメンテーターとしての出演も多数。40ヵ国以上を取材。
ノンフィクション作家 / ㈱ケイ・ユニバーサルプランニング代表取締役

+++

◎講師:杉田 水脈 氏

miosugita-1

1967年4月22日生まれ。
鳥取大学農学部林学科卒業後、民間企業を経て、西宮市職員(18年間)
公務員時代に、西宮スーパー公務員塾、ソーシャルアクションスクール( S A S )
に関わる。
2012年第46回衆議院議員選挙で、比例近畿で初当選。
その後、第47回衆議院議員総選挙で落選。
現在は民間国際N G O の一員として、「女子差別撤廃委員会」「人権基本理事会」で、慰安婦の真実をスピーチ。
国際社会に向けて日本の汚名を晴らすため、落選後も東奔西走中。

+++

主催:龍馬プロジェクト全国会 北信越ブロック

【お問い合わせ先】
TEL.090-6278-0007(担当:富山県議会議員 海老克昌<えびかつよし>)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。