日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方から日本を変えるうねりをつくろう

活動報告 |

 靖国神社参拝からスタートした1日

今日は第6回の龍馬プロジェクトの総会でした。

会長としての私の挨拶は、

我々の想いや力が求められる時が必ずくる、

それまで、

一、1人1人が研鑽を重ね、政治家としての能力を高め、

一、良き仲間を見つけ時間を共有し、良きチームをつくり、

一、有権者を含む周囲の皆さんへの啓発を継続し、

一、地方から日本を変えるうねりを作ろう

というメッセージでした。

6年間、同じことを言い続けて、行動を続けています。 

 
総会では新役員の選任もありました。

現職の議員もいますが、落選中の人や民間の経営者も役員に入ってもらっています。

肩書きではなく、想いや行動で活動してもらうのが龍馬プロジェクトです。 

今年度は久しぶりに会長代行の役職が復活しました。

南出賢一泉大津市議に代行をお願いました。手弁当で全国を回ってメンバーを繋ぎ、仲間を増やす仕事をお願いします。  

 基調講演の代わりに、10人に増えた首長会を代表し、鈴木英敬三重県知事、長野やすひろ別府市長に首長の選挙やマネージメントについてお話を頂きました。

長野市長は約10年かけて市長選挙に当選した方です。メンバーに熱い想いが伝わりました。

 午後の研修では

Googleの田中大介氏から、組織や企業におけるIT活用について。 船橋市立二宮小学校の川邊昌之先生からは、教育の実践を通していかに所属意識と感謝を子供たちに教えるかについて  

  おなじみの松田雄一氏からは、国語教育の必要性について、お話を頂きました。
今回も大変良い刺激と学びを皆さんにお持ち帰り頂けたと感じています。

 
皆さん忙しいスケジュールを調整したくさん集まって頂きましたが、本当はこの四倍ほどメンバーがいるわけです。

いざと言うときに、全員が協力できるチームをより強固に作り上げること。

ここに私の政治活動の中心があります。

なかなか選挙区の皆さんには伝わりませんが、こうしたチームが必ず必要になる時がくると私は信じています。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。