日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大分で学びの一日

活動報告 |

今日は四時半に起きて羽田に向かい、朝一の飛行機で大分へ。

最初に向かったのは国東市にある【くにさき創業支援センター】のオフィス。 

ここには二年間ほど龍馬プロジェクトと地方の活性化について意見交換や視察を重ねてきたアグリーンという団体の代表の平山氏がおられ、龍馬プロジェクトのメンバーもこの春からスタッフとして働いているんです。

選挙で交流が途絶えていたので、意見交換と視察をさせて頂きました。  

 こちらでは東京で若者をスカウトし、地方での起業をサポートされています。
簡単そうな話ですが、実はかなり難しいスキームで、ここまでくるのに相当の苦労があり、まだまだ課題も山積だと拝察します。

しかし、今の日本には絶対に有効な取り組みでもあるので、今日は現地がみれて本当に良かったです。

 実際に東京から国東にきて農業を始めた二見氏からヒアリングもさせてもらいました。

ただ起業がしたいということではなく、将来は作った企業を人に任せ、自分自身が次の若者の起業をサポートしたいという志を聞いて、胸が熱くなりました。

ちゃんと日本の未来を考えている若者がいる。

このことが一番大切なんです。

そうした若者を増やすために私は政治をやっているので、今回の視察は今後の活動を固める良いヒントになりました。

 夕方には別府に移動し、温泉で一休みf^_^;

別府には龍馬プロジェクトの副会長で先月別府市長になられた長野やすひろさんがいます。

夜は彼にお祝いを伝えると共に、10年かけて3度目の挑戦で市長になられた想いや活動を改めてヒアリングしました。

私が選挙で敗れ、彼が勝ったのにはちゃんと理由があるので、そこを改めて振り返る機会をもらいました。

 大分市議で龍馬プロジェクトの役員を務める倉掛まさひろさんにも合流してもらい、今後の龍馬プロジェクトの活動についてもミーティングさせてもらいました。

都構想の廃案もあり、大阪での政治活動を考える良い機会です。

来月の支援者の皆さんとの意見交換の前にいろいろな方からご指導を頂いていきたいと思います。

明日は博多に移動し、視察とミーティングをしてきます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。