日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俺と選挙と親父と涙

プライベート |

今日は少しだけ家族のことなどを書こうと思います。

現在、市議会議員選挙、市議会議員選挙(市長選挙)、衆議院選挙ときて、4回目の府議会議員選挙の準備をしています。

選挙のたびに一番力を貸してくれるのはやはり家族です。

私はまだ独身なので、家族というと両親になりますが、選挙ではいつもお世話になります。

事務所の留守番や食事の手配などは母にやってもらうのですが、

父の方はかなり広範囲に活躍してくれます。

私の父は、元々食品スーパーの経営をしていて、肉や魚などはすべてさばけますし、仕出しもしていたので料理もできます。

そして、趣味は日曜大工で、看板や選挙カーなどの製作はすべてやってもらっています。

さらに、今はタクシーの運転手をしているので、吹田じゅうの道を知り尽くしていて、街宣カーや選挙カーの運転はすべて任せています。

こんな父親ですが、普段は私が飛び回っているので、ほとんど会話をすることはありません(親父と息子なんてそんなものかもしれませんが)。

しかし、こうして選挙となると毎日のように共同作業になります。

もう親父も70近いですからこうして一緒にやれるのもこの選挙が最後かもしれません。

昔は怖い父親で、よくしばかれていました。

学校で上級生にいじめられて泣いてかえってくると、

【男がやられてメソメソ泣くな!】と親父からも殴られるのです。

上級生にやられるより親父に殴られる方が痛いので、そのうち外でやられても泣かなくなりました(汗)

しかし、そんな父も私が25の時に会社を潰してしまって、すっかり威厳を失いましたが、

その時から私自身が両親と家族を背負って生きていかねばならないと私の覚悟が決まりました。

2015-03-24 10.58.46

先日は、政治活動の合間をぬって、両親をつれてトンボ帰りで福井の故郷に帰りました。

実は、81歳になる父の長兄(私の叔父)が危篤状態であったからです。

父は「忙しいからお見舞いはいいよ」といいましたが、

私が小さい時から面倒を見てくれ、12年前に父の会社が駄目になったときも大変迷惑をかけた叔父ですから、最後の挨拶に行かないわけにはいきません。

今朝、その叔父が亡くなりました(しばらく両親は戦線離脱です)。

ずっと、私の選挙のことは気にかけてくれていたようです。

叔父だけではなく、衆議院選挙の落選から2年、ずっと応援してくださっていた方々が何人か亡くなっています。

そうして、政治家としての私に期待をかけてくださる、大切な方々が亡くなるたびに、自分の不甲斐なさが情けなくなります。

年老いていく両親を見ていて、申し訳なくも思います。

「まだ若いんだからチャンスを待って」なんて言葉は、私の耳には届きません。

明日死ぬかも知れないと思って生きています。

いっそのこと政治家の道を諦めようかと何度も思ったことがありますが、それは自分のことを考えた時のこと。

これまでの自分の言動や、周りの方の想いを考えた時、「政治家を辞める」という選択肢はなくなるのです。

さらに、選挙区は20年住むこの吹田の町にこだわってやっていきたいのです。

バッジをつけるだけなら、他にいい条件はありましたが、たとえ茨の道でもこの町にこだわりたかったのです。

それは、この町の方の想いをたくさん受けたからです(特に落選してからそれを痛感)。

しかし、それは言葉でなく、行動で示すしかありません。

だから必死でやるのです。

こんな想いを親父にも伝え、一緒に頑張っています。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。