日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは國護りしてますか?

活動報告 |

昨日は東京でおこなわれた第7回の國護り演説大会に参加してきました。

(null)

応募総数567名の20代の若者中から選抜された9名の演説はどれも素晴らしいものでした。

労働組合の問題について
拉致問題について
沖縄の現状と課題について
保育士としての人材育成
日本人のメンタルと笑いの大切さ

(null)
優勝されたのは、小学校教諭の星野さん。

子供たちに自分のできる國護りを考えてもらうことが、自分のできる國護りで、國護りは誰にでもできる、というお話でした。

本当にそのとおりで、私を含む政治家がみんなもう一度考えねばならない課題でもあると思いました。

國の話をすると、
國のために國民がいるのか、
國民のために國があるのか、
なんていう質問をされることがありますが、

私は、國があるから日本人でいられるし、國民がいるから國があるのだと考えています。

國護りは、我々が日本人として、誇りと自由と豊かさをもって生きていくために、必要なことで、

こうして普段からそれぞれの國護りを考えていくことが大切だと切に感じました。

是非、関西でもこの取り組みをやりたいと要望してきました。

(null)
余談ですが、私は最年少の審査員。

矢野先生、宮脇先生、ペマ先生といった皆さんに囲まれて、、、

やり甲斐のある一日でしたf^_^;

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。