日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

配備されれば地球上のあらゆる地点を数分から数時間内に攻撃できる

気になるニュース |

我々がいくら平和を願ってもこうして軍事力を増強しようとする国が出てきます。
力で押さえつけられたら、話し合いすらできないのが現実。 :cry:

話し合いをするために、軍事的なバランスをとらねばなりません。
馬鹿馬鹿しいという気持ちはよく分かりますが、
世の中から警察がなくならないことが示すように、世の中から悪いことをする人間もいなくならない。
すべての人類や生物はもとを辿れば一つであるかもしれないのに、
どうして騙しあい、傷つけあうのか。
日本の中でもそうです。
日本人が一丸となってやっていくことがあるはずなのに、それもできない。
寂しく思いつつも、現実に向き合ってやっていくしかありません。
配備されれば地球上のあらゆる地点を数分から数時間内に攻撃できる」 中国が「新型超高速ミサイル」3度目実験
2014.12.5 13:26更新  産経
 米ニュースサイト「ワシントン・フリービーコン」は5日までに、中国が米国のミサイル防衛(MD)網突破を狙って開発している新型超高速ミサイルの3度目の実験を行ったと伝えた。
 実験は米時間の2日、中国西部で行われた。1月と8月に続く実験で中国が同ミサイルに本腰を入れていることを示している。米国防総省も実験実施を確認した。超高速ミサイルは弾道ミサイルに搭載される。速度は音速の10倍程度まで達し、ミサイルによる迎撃が困難なため、米議会の超党派諮問機関「米中経済安保見直し委員会」は「米MD網を潜在的に無力化させる」と警戒感を表明していた。
 中国は2020年までの超高速ミサイル配備を計画している。もし配備されれば「中国は地球上のあらゆる地点を数分から数時間内に攻撃できる」(同委員会)という。(共同)Hypersonic Glider
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。