日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真の日本人を取り戻すために必要なものは?そのプロセスは?

ブログ |

photo:01



龍馬プロジェクト×日本政策学校にて
日本人の誇りを取り戻すために何が必要か?
をテーマに対談、および、会場の皆様と双方向でのディスカッションを行いながら、日本の問題点と目指すべき真の日本人について議論を深めていきたいと思います。

■日時:2014年9月23日(祝) 15:00~17:00
 ※終了後、簡単な懇親会をご用意しております。

■場所:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター

■料金:一般 2,000円

イベントAgenda>

1.龍馬プロジェクトの取り組みのご紹介(15:00~15:10)

2.日本政策学校の取り組みのご紹介(15:10~15:15)

3.龍馬プロジェクト代表 神谷氏×日本政策学校 代表代行 加藤氏 対談(15:15~16:00)

〇真の日本人を取り戻すために必要なものは?そのプロセスは?
・今の教育の背景と問題点
・メディアの問題点
・日本のあるべき姿とそのあるべき姿における日本人
・憲法改正に関する考え

4.イベント会場の方との双方向でのディスカッション(16:00~17:00)
〇対談での問題提起をふまえた形でのディスカッションを実施。

ぜひ日本人、日本人の誇りについて語り合いましょう!

<登壇者プロフィール>

・神谷 宗幣(株式会社 グランドストラテジー 代表取締役、龍馬プロジェクト全国会 会長)
昭和52年福井県生まれ。関西大学法科大学院卒業。予備自衛官三等陸曹。
大学在学中に1年間世界を周り日本はこれでいいのかと疑問を抱き、
教育による「日本の若者の意識改革」を志し政治家の道を選ぶ。
食品スーパー店長・高校教師を務めたのち、29歳で吹田市議会議員に当選。
平成21年「龍馬プロジェクト全国会」を発足し全国を奔走。会長として現在250名の会員を束ねる。
市議では副議長を務め、平成24年11月議員を辞職し、自由民主党の候補者として衆議院選挙を戦う。
平成25年、株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル『CGS』をスタート。

・加藤 和磨(JPマネジメント株式会社 代表取締役、有限会社キャステージ マネージャー、日本政策学校 代表代行)
昭和56年北海道夕張市生まれ、東京経済大学経営学部卒業。
北海道夕張市出身。東京経済大学卒業。大手IT企業に10年務めた後、
日本政策学校 代表代行をしながら、選挙コンサルを開始。
政治に興味をもった理由は地元夕張市の破たんである。
破綻の際の両親と同級生の苦悩を間近に見て、政治を変えようと決意をし、
大学卒業後10年間務めたIT系の営業マンより日本政策学校へ転身、政治の世界に携わることとなった。
その中で、志は高いのに政策が本位の政治・選挙になっておらず、
活躍したくてもできない人たちの苦悩を実感するとともに、大きな憤りを感じ、
日本政策学校 代表代行、および、選挙参謀として、少しでも志の高い人を議会に送ることで、
日本を良くすることに貢献したいと考えている。

本イベント関してのお問い合わせは
一般財団法人 日本政策学校 事務局
TEL:03-6261-4037 FAX:03-6261-4037
Mail:infoweb@j-policy.org
HP:http://j-policy.org
までお問い合わせください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。