日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自衛隊は拒否の韓国ロッテホテルが、、

ブログ |

国内でも批判が出ているらしい。

まあ当然ですが。

韓国はどこと戦うつもり?

オオカミ少年が
最後は孤立してオオカミに食べられる、みたいな話にならないといいですが、、

自衛隊は拒否の韓国ロッテホテルが人民解放軍のレセプション 韓国内から批判も

2014.07.28 zakzak

photo:01


ロッテホテルで予定された自衛隊創設記念レセプション開催に反対する韓国の市民団体メンバー。中国への対応との差は異常だ (共同)

 韓国・ソウルのロッテホテルが、日本人をカチンとさせる判断をくだした。日本の自衛隊行事への会場提供を前日にドタキャンしておきながら、同じ会場で、中国人民解放軍の行事は何でもなかったように開催させていたのだ。日韓関係の悪化が続き、中韓接近が指摘されるなか、韓国の一流ホテルまでこんな対応をするのか。朝鮮戦争で中韓両国は戦火を交えただけに、韓国内にも「おかしい」という声が浮上している。

 「中国大使館の催しは、昨25日午後6時半から9時までの間で、確かに開かれていました」

 ソウルのロッテホテルに26日午後、電話で問い合わせると、対応した女性は日本語でこう証言した。在韓中国大使館主催による「中国人民解放軍建軍87周年記念レセプション」は、例年通り、韓国軍幹部や各国の在韓武官、韓国各界関係者などを集めて、開催されたわけだ。

 この件は、韓国の著名な保守論客である、元『月刊朝鮮』編集長の趙甲済(チョ・カプチェ)氏のサイトが、行事の開催前に「おかしいのではないか」と記事で問題視した。その後、朝鮮日報(日本語版)も開催当日の25日、「自衛隊行事取り消しロッテホテル、中国軍行事は許可」と報じて、広まった。

 問題の会場では今月11日、在韓日本大使館主催の「自衛隊創設60周年記念レセプション」が開かれる予定だった。やはり、毎年恒例の行事だったが、同ホテルは前日夜になって、「会場を提供できなくなった」と一方的にキャンセルしてきたのだ。

 菅義偉官房長官は当時、「いかなる理由があろうとも、開催前日にこのような措置を取ることは極めて遺憾だ」と述べ、大使館を通じてホテル側に強く抗議するとともに、韓国政府にも懸念を伝えていた。

 いくら、朴槿恵(パク・クネ)大統領が「反日・媚中」外交を展開し、世界各国で「韓国は、中国の属国になるのでは」と心配する声が広まっているとしても、自衛隊と中国人民解放軍の対応の差は理解できない。ロッテといえば日本とも縁の深い企業だが、一体どういうことなのか。

 ロッテホテルに見解を求めると、広報担当者は以下のように回答した。

 「自衛隊のレセプションは、安全上の問題があってキャンセルせざるを得なかった。中国(人民解放軍)のレセプションは安全上の問題がない、と判断した」

 ある韓国紙が、自衛隊の行事に対し、批判的記事を掲載したため、ホテルに抗議・脅迫電話が殺到したことが理由のようだ。

 だが、中国人民解放軍といえば、朝鮮戦争で北朝鮮と組み、韓国軍と戦った相手である。韓国は同戦争で、軍人と民間人を合わせて約240万人が犠牲となったとされるが、これらは気にならないのか。

 韓国事情に詳しく、『独島中毒』(文芸春秋)などの著書があるルポライターの高月靖氏は「自衛隊と人民解放軍で、これほど対応が違うということは、日韓関係の悪化が背景にあると考えるのが自然だ。韓国内の反日勢力が勢いを増していることの証左といえる」と指摘する。

 旅客船「セウォル号」沈没事故での稚拙な対応などで、国内の求心力を失いつつある朴氏が、再び「反日」を政治利用しているようにも映る。

 新著『ディス・イズ・コリア 韓国船沈没考』(産経新聞出版)が注目されているジャーナリストの室谷克実氏は「朴氏は、韓国国民の視野狭窄(きょうさく)を巧みに利用している」といい、こう続けた。

 「中国人民解放軍は朝鮮戦争で韓国に攻めてきた軍隊だ。それに対し、自衛隊は一度も韓国領内で軍事行動をしたことはない。どちらを拒否するべきか(は、一目瞭然ではないか)。でも、その点を指摘されれば、彼らは豊臣秀吉の朝鮮出兵の話を持ち出してくる。表層のことにとらわれて、事の本質を見ようとしないのは、もはや国民性としか言いようがない」

 日韓関係を悪化させている原因の多くは、韓国側が作り出している。

iPhoneからの投稿

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。