日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤井浩人 美濃加茂市長の件 続報その3

ブログ |

今日も一日自分の仕事をして、
ホテルに戻り、藤井市長の事件の進捗や関連記事をチェック。

地元の記事を全部チェックして送ってくださる方がいて感謝です。

今日もまたいろいろ記事が書かれていますが、

また中日新聞が一番酷い。

もう転載する気もしません。

photo:01


記事は、

1.藤井市長が、政治活動のお金がないと口にしていた。

2.金を渡していたとされる人が、市長選挙を口実に金を集めていた。

3.金を渡していたとされる人が、美濃加茂市と組んで事業をすると口にしていた。

と書いて、

最後に、市長が市への働きかけの見返りにお金を受け取った容疑で逮捕されている、

とまとめています。

ある意味素晴らしいプロパガンダです。

どれも嘘ではなさそうなものを上手くつなげて、印象操作をしています。

藤井市長が市議時代に活動費がなくて、しんどかったのは本当かも知れません。

私も市議の決めらた歳費の中で活動費がなくなり、事務所の家賃やスタッフの給与が払えなくなりそうな活動でしたから、

藤井氏と二人で『こんな経済状態じゃ、なかなか結婚もできないね』と話していましたし、

私も人から聞かれたら活動費がありません、と答えてました。

一所懸命活動する地方議員はみんなお金がなくて、私も仲間の政治家から借りたり、貸したりしてやりくりしてきました。

皆さんが思う以上に、政治家はお金がないんです。

また、お金を渡したと証言するNさんが、市長選挙を口実にお金を借りていたのも本当かもしれません。

人の選挙をだしに使い、お金を集めて着服するような人を我々は『選挙ゴロ』と呼びます。

選挙をやったことのある人なら、そんな輩が寄ってくるのを良くご存知のはず。

私にもかつて何人か寄ってきました(>_<) N氏の会社は経営が苦しかったようですから、藤井 氏の選挙を口実にお金集めて、流用していた可能性が高いと私は推測します。 ホテル代も払えないくらいだったみたいですし。 そんな自転車操業の中で、人のいい藤井市長が無料の実験ならいいですよ、 と気軽に設置に応じたものだから、 N氏からしたら、天の助けと言わんばかり、経営に不安を感じる従業員や取り引き先に、美濃加茂市との連携などという話を吹いていたのかもしれません。 これは市職員の話ではなく、あくまでN氏側の人間の話であるところがポイントです。
後半の二つは推測ですが、
そう考えると中日新聞の記事は嘘ではないわけです。

上手く書くなと思いつつ、
酷い話だと呆れます。

自らこんな記事を読んで、気を滅入らせている自分も馬鹿馬鹿しいですが、

藤井市長を信じる人たちが不安にならないように書きました。

そんな一日の最後に癒されるブログを発見。

『司法記者』早速注文しました。

郷原信郎が斬る 6月27日

全国最年少市長の「潔白を晴らす」

全国最年少の藤井浩人美濃加茂市長が市議時代に業者から30万円を受け取ったとされている事件で、弁護人を受任し、名古屋地検の接見室で藤井氏と接見した際、最後に交わしたのが「頑張って、潔白を晴らしていきましょう。」という言葉だった。

その直後に、名古屋市内で行った記者会見でも、私は、「潔白を晴らしたい」という言葉を何度も口にし、翌日の新聞記事にも、そのまま引用された。

この「潔白を晴らす」という言葉、日本語的には若干おかしい。正しくは、「潔白を明らかにする」か「疑いを晴らす」だろう。

しかし、接見の最後で藤井氏にかけた言葉が「潔白を晴らす」だったことは間違いないし、今も、藤井氏がやるべきこと、そして、私が弁護人として行おうとしていることにぴったり当てはまる言葉は、「潔白を晴らす」なのである。

藤井氏は6月24日に収賄の容疑で警察に逮捕され、検察は26日に勾留請求し、裁判所も勾留を決定した。その疑いを晴らすために一般的に必要なことは、本人が、そして、弁護人の我々が、潔白を「明らかにしていくこと」「証明すること」だ。

警察、検察に犯罪の容疑をかけられ、逮捕までされた人物は、まず犯罪者だと考えて間違いなく、その疑いを晴らすためには、「潔白であること」つまり、本来間違いはないはずの警察や検察の認定が誤っているという「例外的な事例」であることを、本人や弁護人が「証明しなければならい」というのが、世間の一般的な認識であろう。

しかし、私には、接見室で、仕切り板を隔てて座っている若き市長の姿、表情を見て、そして、彼の「私は絶対に現金など受け取っていません。」とはっきり言い切る言葉を聞いて、その疑いを晴らすための「証明」などという大仰なことが求められているとは思えなかった。

警察の何かの見立て違い、誤解が重なり、その誤りを正す警察組織内のシステムが機能せず、そして、そのような警察捜査の暴走の抑制する立場にある検察が本来の役割を果たかったために、若き市長の周りに「収賄の疑い」が、どんよりと雲のように漂っているだけであり、我々がやるべきことは一刻も早くその雲を「晴らしてしまうこと」だ、としか思えなかったのだ。

その瞬間に、私の口から自然に出たのが「潔白を晴らす」という言葉だった。「潔白」は当然のことであり、我々が行うべきことは、その「潔白」を覆い隠そうとしている雲を吹き飛ばし、彼の「潔白」が「晴れわたった空」のように、誰にもはっきりと見えるようにすることだ。そういう私の思いは、「潔白を明らかにする」という「正しい日本語」では表現できなかった。

それから2日、多くの情報提供を受けたこともあり、私の頭の中では、彼の「潔白」はますます明白なものになりつつある。警察捜査が、どうしてこのように誤った方向に向かってしまったのか、検察がなぜ、それを止めることができなかったのか。その経緯と構図も、少しずつわかってきたように思える。

私が由良秀之のペンネームで書いた推理小説「司法記者」、とそれを原作とするWOWOW連続ドラマ「トクソウ」(今年5月11日から5回連続で放映)では、特捜捜査の暴走と、それと癒着し、それを煽っていく司法マスコミの関係を描いている。ここで出てくる検察捜査の暴走のプロセスと、今回の

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。