日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミャンマーでのビジネスチャンス

ブログ |

今朝は、設立18年の歴史のあるミャンマー日本友好協会 事務局長のイェット氏から日本とミャンマーの間のビジネスチャンスについてお話をききました。
{C0E2C89A-24F6-4C1A-98EE-C4AE46384D80:01}
以下要約です。
2012年まではミャンマー人が日本に売り込みにいったが、今では日本人がミャンマーに説明を聞きに来てくれるようになり、大変盛り上がっている。
ミャンマーでビジネスを成功させるには、よいビジネスパートナーを見つけることが大切。
なぜミャンマー人はイギリス人が好きでなくて、日本人に好意をもつか?
それは同じ仏教を大切にしているからだと思う。仏教を大切にするミャンマーの経営者をパートナーにするのが、いいでしょう。
また、ミャンマーは日本への戦後補償を強く求めなかった。日本の事情もわかっていたからだ。
ミャンマーでビジネスするのと、中国でやるのは全然違う。
ミャンマー人は義理難い。利用するだけ利用して、恩を仇でかえすような国と一緒に考えないでほしい。
ここは大切なポイント。それをわかってほしい。
それを理解して、できれば商社などを通さず、現地の会社と直接やりとりをしてほしい。
ミャンマー人の心や文化を理解し、心と心の関係を築いてくれれば、末長いビジネスができる。
農業などは、しっかり技術支援してもらえば、ミャンマーは必ず日本の助けになる。
ミャンマーの国土は日本の1.8倍で、水と食べ物がまだ豊富にある。
今、しっかり繋がってもらえたら、後から中国人が札束でものを言わせるようなやり方をしてもミャンマー人はなびかない。
継続的な付き合いを考え、ミャンマー人の文化と心を理解するビジネスを考えてもらえば、ミャンマーでビジネスをするのに大きな資本はいらない。
逆にただ単に安い労働力を期待し、人を見なければミャンマービジネスはうまくいかない。
*******
講演の後、質問タイムで、ミャンマーの富裕層はどれくらいいるのかときいたら、
富裕層は3%もいないとのことでした。
また、GDPの42%は農業で生み出すとのこと。
以上を総合すると、ミャンマーで単純な物販をするのは難しいですね。
現地の人材にいろいろ伝えて作っていくことから始めないと。
私のイメージでは、かつての日韓併合のように、最初はかなり持ち出しで人から育て、インフラなどを共に作ってから、後で利益をシェアするといった感じになる気がします。
ミャンマー側もそれがわかっていて、中国のような搾取型の投資ではなく、共創型の日本の投資や進出を期待している感じが強いと感じます。
後は、来年の選挙のあとの、政治の安定と法整備ですね。
{70EE38C9-CABB-4E68-90F4-F59A14314052:01}
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。