日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

じっくり学ぼう国際情勢

ブログ |

先日東京で、ロシアの外交事情に詳しい方々と情報交換をしました。

以下教えて頂いたことでかけそうなことだけf^_^;)

全て鵜呑みにせずに自分でいろいろ調べてみて下さい。

ちなみに、私はこうした話を聞いても日米の関係は大切だと考えています。

————

ソ連時代は国民は平等だったが、今ではロシアも随分格差ができた。

ソ連崩壊のときはひどいインフレで、国民の財産がなくなり、共産党幹部がユダヤ人などとくんでかなり儲けていた。
今もその風潮はある。

昨年のシリア危機の時には、プーチン大統領が、シリアとの間に入りアメリカとの戦争を回避させた。

オバマ大統領は助かった部分もあるが、顔を潰された部分もある。

プーチン大統領は、イランもおさえている。

そうした状況を面白く思わないアメリカは、サウジアラビアと組んで、ロシア近郊の旧ソ連の国に切り崩しにかかっている。

サウジアラビアはイスラム教だがアメリカは容認している。
ソ連にはもともと宗教はなかったので、宗教対立は問題にならず、大概みんなお金で転ぶ。

今激しいのは、ウクライナ争奪戦。
自由貿易陣営に取り込みたいEUはウクライナからロシアに非課税の商品を流し、ロシアを崩したい。
それを阻止したいロシアは、ユーラシア連合をつくり、ウクライナを陣営に残したい。

そうした中、ウクライナ分裂の危機だ。
西ウクライナにはナチズムの用な思想があり広がりをみせつつある。

ソチのテロもロシアとアメリカの戦いだ。テロの裏には恐らくアメリカがいる。

ロシア自体は日本と組みたがっている。日本の技術をかりて、国内の産業を育成したい。

しかし、日露が上手くやろうとするとアメリカが介入するので上手くはいかない。

プーチン大統領は、もともと中道な立場の政治家だが、最近は愛国的になってきた。

プーチン大統領の周りにはリベラル派の政治家や世界中にネットワークをもつユダヤ人も多く、プーチン大統領の失脚を狙っている。

今後の世界情勢をみると、中東でアクションを起こせないアメリカは極東にカオスをつくり、紛争を起こそうとするかもしれない。
そして、双方に武器などを高く売りたいと考えるアメリカ人もいる。

実際にビルダバーグ会議などでは、
中国人の数を減らしたいとの発言が参加者から出たこともあり、
その場合の戦いの相手は日本やインドだと考えられる。

注釈
ビルダーバーグ会議(ビルダーバーグかいぎ、英語:The Bilderberg Group, Bilderberg conference, Bilderberg Club, Bilderberg Society)は、1954年から毎年1回、欧米各国で影響力を持つ王室関係者・欧州の貴族や政財界・官僚の代表者など約130人が、北米や欧州の各地で会合を開き、政治経済や環境問題等の多様な国際問題について討議する完全非公開の会議である。ビルダーバーグ・クラブ、ビルダーバーグ・ソサエティとも呼ばれる。「陰のサミット」と呼ばれることもある。出席者リスト、議題は公表され、欧米のジャーナリストも招待されるが、会議での討議内容は非公開であり記事になることはない。

日本の外交官にも、優れた方はいるが、能力があっても仕事はできない。なぜなら世界は日本をアメリカの属国とみているからで、日本の外交官に重きをおいていないからだ。

ロシアと中国は上手くやっているように見えるが、ロシアは警戒もしている。シベリアへの中国人の進出はメディアが騒ぐほどまだ進んでいない。

日本の復活の鍵は、
メディアと教育の改革だろう。

日本のメディアには、競争がない。
ロイターとAPからの情報の受け売りで、独自の国際情報を流せない。
日本人がマインドコントロールされても仕方がない。

教育においては、日本人のプライドを呼び覚ますことをしなければならない。
日本は確かに豊かで羨ましい点もあるが、パンとサーカスになってはいないか。

肉体労働は外国人に任せて楽をしていたら、あとでしっぺ返しがくる。ロシアも同じ問題はあるが、、、

ロシアも危機にさらされている。
昨年は700億ドルが海外に流出した。政権内部の人も外国に逃げる準備はしている。

以上

photo:01



ロシアのことは、北野幸伯氏の本で少し勉強していましたが、
今回のお話はかなりその内容とリンクしていました。

ロシアもなかなか大変そうですが、、
ロシアの方に日本の方が大変だろう、と暗に言われた気がして、、すごく考えこんでしまいました。

ロシアの方とももっとお話ししたいですね。

今年は東南アジアやインド、できればロシアからヨーロッパまでまわって、いろいろ生の情報を頭に入れていきたいという願望があります。
活動費が集まれば、、ですがf^_^;)

国会議員になってもそんなことが、したかったわけですが、、
国会議員の方々を見ているとそんなことをしている時間はなさそうです。

日本の政治家や選挙のあり方は本当にこれでいいのかな?と思う今日このごろ。

今のうちに学べることは全て学んでおきたいと思いますし、

少しでも出せる情報はみなさんにお伝えしていきます!

iPhoneからの投稿

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。