日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1東松龍盛塾 募集開始

最近の動向 |

先週は6日間九州に行ってきました。

九州の6日間

そのメインは10月から開講するG1東松龍盛塾への協力依頼と打ち合わせで、G1首長ネットワークの会合に参加することでした。

写真 2013-08-14 8 49 30 写真 2013-08-13 17 20 56 写真 2013-08-14 9 47 09

今回の会合は、事務局の鈴木三重県知事、熊谷千葉市長と吉田横須賀市長、そしてメンバーとして古川佐賀県知事、鈴木浜松市長、
高嶋福岡市長、仲川奈良市長、越大津市長、開催地の樋渡武雄市長、そのうえG1サミットの掘代表の出席で、1泊2日で行われ、

内閣広報室参事官の加治さん、ProNovaの岡島さん、青山社中の朝比奈さんと私がゲスト参加でした。

 

私は、人材育成の分野でお話をさせていただいたわけですが、

他にも産業育成や情報公開、少子化対策、ダイバーシティー、教育などのネットワークによるアクションプランを聞かせてもらい、

大変勉強になりました。

それぞれの現場を持ち、アイデアを形にできる首長どうしのハイレベルな議論は非常に勉強になりました。

 

G1サミットに参加したときも思いましたが、こういう首長の下でなら地方議会でももっと充実した活動ができたと思います。

地方から政治のうねりがおこる現場を見れた気がして、非常によい刺激を受けました。

写真 2013-08-13 20 03 10 写真 2013-08-14 9 30 42

また、数年前から親交のある樋渡市長とも久しぶりにゆっくりお話でき、アドバイスも頂きました。

この方の気持ちの強さや実行力には学ぶところがたくさんあります。

写真 2013-08-13 21 00 24  写真 2013-08-13 21 04 43写真 2013-08-13 21 09 13

写真 2013-08-13 21 16 18  写真 2013-08-13 21 21 12 写真 2013-08-13 21 21 24

また、今話題の武雄市図書館を視察させていただきました。

市長自らのガイドには驚きましたが、メディアの報道からは伝わらない生の声が聞けて良かったです。

図書館自体はすべての自治体のモデルにはならないと思いましたが、その発想やアイデアのつくり方には学ぶところがたくさんあります。

一般の方の観光地にもなっていますので、是非一度いってみてください。

 

こうした首長の皆さんにも協力して頂く

G1東松龍盛塾は、

龍馬プロジェクト、グロービス、青山社中で連携して、

理念、国家観、経営マインド、政策などを網羅して2年間かけて学び、政治家を含む公共のリーダーを育成していきます。

 

2年間で6回、行政視察や講義、ワークショップ、首長や経営者との意見交換などを行ってもらい、

情報収集とネットワークづくりをしていただきます。

さらに、6回のだけでは当然足りないので、それぞれの団体が主催する様々な研修会にも出ていただきたいと考えています。

 

龍馬プロジェクトのメンバーも参加し、10月から行っていきますので、地方議員の方、
将来政治家を目指す方は是非ご参加ください。

 

 

最後に少し言い訳を、、

 

今回龍馬プロジェクトのからむ塾の立ち上げが一段落したので、次は自分の会社の方のHP作りやスタッフの増強などを進めます。

政治活動は拠点が決まるまで、もう少し待ってもらい、方向が決まり次第、一度会を設けて皆さんに説明します(HPでも書きます)。

宙ぶらりんのままで、大変心苦しいですが、もう少し時間がかかります。

それまで他のところをしっかりつくっていきます。サボっているわけではなく、全力でやっているのでご理解ください。

 

メールやアメブロ、FACEBOOKのメッセージの返信ができていなくてすみません。

チェックはしていて、緊急のものから対応しています。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。