日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東海龍馬塾 英霊の思い 皇室の祈り

ブログ |

皇學館大学の松浦光修教授を講師に招き、東海龍馬塾を開催しました。

photo:01



講義は四部構成。

一部は戦時中の元特攻隊員のお話。

二部は、回天でなくなった黒木博司氏や緒方㐮氏のお話に、戦争未亡人となられた方の歌について。

かくばかり みにくき国と
なりたれるか 捧げし人の
ただ惜しまる

三部は、オーストラリアに攻め込み、その果敢な姿をオーストラリア人からも賞賛された松尾敬宇氏のお母さんのお話。

戦後、お母さんはオーストラリアに招かれ、歓待されたので日本のメディアも取り上げないわけにはいかず、「戦争は嫌だ」というコメントを下さいと取材にきたとのこと。

その際のお母さんのコメント。

戦争が嫌だというのは、暑いのは嫌だ、腹が減るのは嫌だ、というのと同じようなもので、一種の駄々っ子みたいなものではないでしょうか。戦争は嫌だというだけで、日本が守れましょうか。

松浦先生は
「日本の夏 反戦の夏」と揶揄されてながら、戦死者を貶めるような報道や教育を嘆き、申し訳ない、恥ずかしいというご自身の思いを伝えて下さいました。

未来の日本の姿は、今の私たちの生き方次第だ!

とのメッセージが強く心に残りました。

第四部では、平成六年に硫黄島を慰霊訪問された両陛下の祈りのお話。

訪問以降の島の変化やお二人がよまれた御製の話は、何度も聞いていますが、やはり感動します。

松浦先生は、
国の存在やご皇室の祈りへの感謝を忘れないで欲しい。

英霊への名誉毀損を拭い去る行動を大切にして欲しい。

とメッセージを下さいました。

photo:02


浪人中で、活動の方向性も明確でない中、

時に何の為に政治をするのか、家族や自分の人生を考えたら議員にこだわることもないのではないか、

と考えてしまい、行動の優先順位に悩むこともあるこの頃、

松浦先生の情熱からかなりのパワーを頂きました。

先生も戦っておられるんだなあ、と改めて感じました。

言論と戦い、世間と戦う。

迎合し、上手くやっていくのと全く逆の生き方ですね。

昔はこんな生き方をした人がたくさんおられたんでしょうね。

龍馬プロジェクトは、ただ単に知識を学ぶ勉強ではなく、こうした情熱や生き様を学ぶ勉強を大切にしたいと思います。

iPhoneからの投稿

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。