日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士山世界遺産へ 小田全宏氏

ブログ |

今日も昨日に引き続き、
アクティブブレインの講習を受けてきました。

記憶法をバッチリマスターしています。

photo:02



講師は小田全宏先生。

実は10年前から富士山を世界遺産にする活動をされてきた張本人です。

photo:03



講義では、ただ記憶法を学ぶだけでなく、マインドの高め方、思考の持ち方も学ぶわけですが、

その中で何度も富士山の話が出てきていたので、

今回のニュースは参加者も嬉しく感じました。

為せば成る成さねばならぬ何事も

ならぬは人の成さぬなりけり

私の好きな言葉です!

富士山 世界遺産へ、文化性強調し悲願達成 産経

photo:01


 世界自然遺産登録への挫折から10年。富士山の世界文化遺産登録が30日、勧告された。6月にカンボジアで開かれる国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で、世界遺産を目指してきた20年来の「悲願」達成が確実となった。
 富士山の世界遺産登録をめぐっては、平成6年に国会で「富士山の世界(自然)遺産リストの登録に関する請願」が採択された。しかし、15年には国の候補地検討会が、ゴミや屎尿対策の不備などを理由に推薦リストから除外。自然の美しさが求められる自然遺産としては国内段階で“失格”とされた。

 そのため両県は、日本人にとって古くから信仰や芸術の対象としてとらえられてきた「文化遺産」としての富士山に注目。山梨県の「忍野八海(おしのはっかい)」(忍野村)や静岡県の「三保松原(みほのまつばら)」(静岡市)など25の構成資産とともに文化遺産登録に向けて、17年末に両県などで「文化遺産登録推進両県合同会議」を結成した。

 同会議は翌18年10月には「日本人の精神的なよりどころとなり、外国にも日本の象徴と認識されるようなかけがえのない存在として今日も生き続けている希有な文化的景観である」とする「暫定リスト素案」を文化庁に提出した。その後、19年に国がユネスコへの登録推薦に向けた暫定リストに富士山を追加。イコモスが昨年夏に両県で調査するなど、静岡県内では世界遺産登録への期待が一気に高まっていった。

 しかし昨年末、イコモスが三保松原を構成資産から除くことを日本側に要求。これに対し、川勝平太静岡県知事は「富士山を見られる場所は富士山と一体であり、信仰の文化がある」として除外を拒否。登録の可否に与える影響が懸念されていた。

 この日の勧告でも「三保松原の除外」が登録への条件として示された。静岡市の観光地を担当する静岡観光コンベンション協会の酒井康之事務局長(61)は「三保松原が外れて世界遺産に登録されても、めげずに富士山の構成資産の一つとしてPRしていきたい」と話している。

■ 富士山「国家的象徴」、鎌倉「武家遺跡少ない」

 ともに世界文化遺産への登録を目指した富士山と鎌倉で明暗が分かれた。文化庁は1日未明に記者会見を開き、登録の見通しとなった「富士山」(山梨県、静岡県)について、国際記念物遺跡会議(イコモス)が「日本の国家的象徴」と高く評価したことを明らかにした。一方、登録が難しくなった「武家の古都・鎌倉」(神奈川県)は現存する武家関連の遺跡の少なさを指摘した。

 かつて世界自然遺産への登録を目指しながら、ごみの不法投棄問題などで断念を余儀なくされた富士山。文化遺産としての判断となった今回は「日本の国家的象徴だが、影響は日本をはるかに越えて及んでおり、今や国家的意義を広範に越えている」と指摘。「宗教的、芸術的伝統の融合に特徴がある」と評価し、古くからの山岳信仰や多くの浮世絵の題材となったことなどが認められた。

 構成資産の一つとされながら除外対象となった三保松原(みほのまつばら=静岡市)については「富士山から45キロ離れており、山の一部として考慮し得ない」と指摘。松原から富士山を臨む複数の地点で防波堤が景観を害しているとし、「審美的な観点から望ましくない」とした。

 登録がふさわしくないと判断された鎌倉については、武家の権力を示す遺跡が少ないことが問題点として挙げられた。イコモスは「歴史的な重要性は十分に説明されている」としながらも、鶴岡八幡宮など鎌倉の構成資産に社寺が多いことから「精神的、文化的な側面以外の要素は物的証拠が少ない」と厳しい意見を投げかけた。

 会見した文化庁記念物課の榎本剛課長は「世界遺産の審査が厳しくなったと改めて感じた。三保松原や鎌倉については関係省庁や自治体と協議して対応を決めたい」と硬い表情を見せた。

日本の世界遺産
【文化遺産】
①法隆寺地域の仏教建造物 – (1993年12月)
②姫路城 – (1993年12月)
③古都京都の文化財 – (1994年12月)
④白川郷・五箇山の合掌造り集落 – (1995年12月)
⑤原爆ドーム – (1996年12月)
⑥厳島神社 – (1996年12月)
⑦古都奈良の文化財 – (1998年12月)
⑧日光の社寺 – (1999年12月)
⑨琉球王国のグスク及び関連遺産群 – (2000年12月)
⑩紀伊山地の霊場と参詣道 – (2004年7月)
⑪石見銀山遺跡とその文化的景観 – (2007年6月)
⑫平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 – (2011年6月)

【自然遺産】
①屋久島 – (1993年12月)
②白神山地 – (1993年12月)
③知床 – (2005年7月)
④小笠原諸島 – (2011年6月)
⑤富士山 - (2013年6月)?

iPhoneからの投稿

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。