日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国人が見た日本

ブログ |

海外にいくとよくわかる日本人のよいところ。

こうしたソフトパワーで、日本の存在意義を示していければと思いますが、

残念ながらその良さが崩れてきている部分もあります。

これは先人からの無形の遺産。

家庭教育を中心に、教育で維持していきたいものです。

それにはまず、我々日本人がその遺産の価値を認識し、守る努力をしなければなりません。

<中国人が見た日本>
東京マラソンに参加して日本人のすごさがわかった

Record China 3月2日(土)16時40分配信

2月27日、捜狐ブログのエントリー「2013年東京マラソン」は、東京マラソンの運営、日本人スタッフの態度が素晴らしかったと絶賛している。写真は東京マラソン。
 2013年2月27日、捜狐ブログのエントリー「2013年東京マラソン」は、東京マラソンの運営、日本人スタッフの態度が素晴らしかったと絶賛している。

 東京マラソンは想像以上に楽しかった。ここ数年で参加したマラソンの中でも最もサービスが行き届いた大会の一つ。最も価値あるマラソンだった。中国から来たと聞いても日本人のスタッフたちは笑顔で歓迎してくれた。受付を断られるようなことはなかった(中国ではあるマラソン大会で日本人の参加を拒否したことがある)。

 東京マラソンには3万6000人が参加。荷物を預けるところからスタートまで押し合いへし合いになるようなことは一度もなかった。最も恐るべきはスタートを待つまでの間、約30分にわたり静かなままだった。一緒に参加した仲間も、ついつい授業中のひそひそ話のような声になっていた。もちろん後ろの参加者が押し寄せてくるようなこともなかった。

 それだけではない。大会の運営も素晴らしかった。コース各所には医療ステーションが設けられているほか、車や自転車で走者たちを見回っていた。また、臨時トイレも1キロあたり2~3個所設置されていた。しかもなんともありがたいことにトイレットペーパーが備え付けられているのだ!

 給水所も素晴らしかった。給水所の100メートル前からボランティアが拍手で励ましてくれる。それからスポーツドリンクが置かれている場所、普通の水が置かれている場所と続き、最後にゴミ箱がある。ゴミ箱を通り過ぎてもゴミ袋を持ったスタッフが待っていて選手が捨てたゴミをちゃんと拾っている。

 東京マラソンは本当にオススメ!日本から学べることは本当に、本当にたくさんあるのだ。もし来年も日本にいけるのならば、絶対、東京マラソンに参加したい。(翻訳・編集/KT)

iPhoneからの投稿

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。