日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市長不信任案に退席者ゾロゾロ 随契問題で吹田市議会、百条委設置は全会一致 

ブログ |

せっかく出した不信任の動議は、
退席続出で流会のため決議されませんでした。

時期が悪いと言った方、
100委員会で審議してからだと言った方の今後の動向をしっかりみていきましょう。

100委員会でしっかり市長を追求しているか?
時期がきたらちゃんと不信任を出すか?

昨日は、不信任を出した我々が悪者にされ、罵倒されました。

新選会の一期目の議員や辞めて行く私に大口たたいて、
市長に対しては猫なで声になっていたらそれが全ての真実です。

昨日でこれからの吹田市議会でチェックする議員が誰か、明らかになりました。

警察やメディアの追求
市民の皆さんの世論で吹田市を変えて頂きたい。
だらだらと100委員会が続き、ほとぼりが冷めるのを待つような形にはならないようにお願いします。

photo:01



市長不信任案に退席者ゾロゾロ 随契問題で吹田市議会、百条委設置は全会一致 

2012.11.27 09:17 産経ニュース

 国の補助金を活用した太陽光パネル設置工事をめぐり、大阪府吹田市が井上哲也市長の後援企業に随意契約で工事を発注していた問題で、臨時市議会が26日開かれ、地方自治法100条に基づく調査特別委員会(百条委)の設置が全会一致で可決された。一部会派から井上市長の不信任決議案も提案されたが退席者が相次ぎ、出席議員が規定数に達せず、採決されなかった。
 一連の問題について、議会で市側の答弁が不十分だったとして設置されることとなった百条委。この日の臨時市議会では全会一致で設置が可決された。委員長には和田学議員(民主市民連合)を選出。和田委員長は「真相解明に向け真摯(しんし)に取り組む」と話した。
 また、一部会派から「部下に責任を押しつけ、責任を逃れようとする態度は市長としてあるまじきもの」などとして井上市長の不信任決議を求める動議が提案されたが、自民党会派や公明などから「百条委で調査する前なのに判断できない」「単なるパフォーマンスだ」などの反対意見が相次ぎ、15人が退席。地方自治法では不信任決議の際、議員数(36人)の3分の2以上の出席が必要と規定されているため、採決には至らなかった。

iPhoneからの投稿

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。