日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いざなぎ神社のお祭りに参加して 文責:松崎千夏(神谷インターン10期生)

スタッフブログ |

いざなぎ神社のお祭りに参加して 文責:松崎千夏(神谷インターン10期生)

先日、いざなぎ神社のお祭りに参加させていただいたので、ご報告します。

女性は神輿を担いではいけないので、私は子供やお母さんたちと一緒に

「わっしょい」と声を出しながら、小さなだんじりを引いて町中を練り歩きました。

私は、純粋に楽しかったです。初めて会う子供達ばかりでしたが、

暑くて疲れた中でも一緒に声を出して綱を引くことで、

終わった時には大きな達成感を感じました。

しかし、子供達の中にはそう思わない子も多くいるのです。

「だるい」「ださい」「面倒くさい」、そんな言葉もちらほら聞きました。

どうしてこのような考え方になってしまったのでしょうか?

それは、手本がいないからだと思います。

こんな風にしたら楽しいんだ、皆が喜んでくれるんだ、と子供達が理解できるような

手本が必要です。親たちにこの事をしてもらうのは体力的に難しいと考えるので、

大学生に祭りに参加してもらうのはどうでしょうか?

SH370189.jpg

このような地域行事は本当に大切だとひしひしと感じました。

様々な年齢の子供が集まるため、高学年の子は低学年の子の手本となり世話をし、

低学年の子は高学年の子の姿を見て育ちます。集団の中での自分の立場を考えるため、

自分だけ良ければそれでいい、という考えは通用しない事を、同い年の子といる時より

強く感じられるのではないでしょうか。

また、子供達が頑張る姿というのは大人たちを元気にさせるのです。

当日も、外は暑いにもかかわらず多くの親子やお年寄りの方が応援してくださいました。

そんなことを考えながら、「子供達が来年のこのお祭りを待ち望むくらい、

今日は楽しかったと思ってもらおう」と心に決めてだんじりを引いていました。

なので、どの子供よりも大きい声を出して笑顔で頑張った自信があります!

実際子供達に伝わったかどうかは分かりませんが、

綱を引く時や終わった時の皆の笑顔はとても嬉しかったです。

今回この祭りで、子供の力や可能性をたくさん感じ、学ぶことが出来ました。

新参者の私を温かく迎え入れてくださった地域の皆さん、たくさんの事を

教えてくれた子供達、本当にありがとうございました。

文責:松崎千夏(神谷インターン10期生)

登録タグ:
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。