日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吹田第一小学校 (訪問日 平成21年2月16日)

視察・研修報告 |

吹田第一小学校を訪問しました。

*校長先生の学校紹介

本校は、
明治7年に大3番小学校として産声をあげて、今年で133周年になる伝統のある学校です。

 地域には、
多くの商店街、旧市街地の住宅、マンション、工場等があります。保護者も本校の卒業生が多く、地域からもクラブ活動、読み聞かせ等、
学校に対して、いろいろ協力して頂いており、また、地域の催しも豊富です。子供達は、素直で明るく、元気いっぱいです。学校では、
努力目標として、国語力向上に取り組み、授業研究だけでなく音読集会、読書活動、日々の発表活動等、学校生活全般を通して取り組んでいます。

また、学校行事、
学年行事だけでなく、児童会活動や全市的な催し、課外クラブなどで、子供たちは様々な体験活動に取り組んでいます。

P1060267 P1060199

学校訪問の少し前に、市民の方の要望で学校のトイレを視察しに来ていたので、今回で2回目のお話となった安田校長。
2回目となるとお互い緊張もなく、気さくに学校の様子をお話しいただけました。

校長先生自らパソコンを使って学校の様子をプレゼンしてくださいました。今までの学校訪問ではなかった斬新な説明でした(笑)

P1060203

学校の卒業生に村上三島(むらかみさんとう)さんがいるということで資料を見せて頂きました。
吹田市出身の著名人てたくさんいるんですよね。社会で活躍する先輩の様子を子供たちに知ってもらい目標にしてもらいたいものです。

*村上三島(むらかみさんとう) 説明

村上 三島(むらかみ さんとう、本名 村上 正一、むらかみ まさかず、
1912年8月25日 - 2005年11月20日
は、
愛媛県越智郡上浦町
大三島
現在の
今治市
出身の
日本書道家

従三位
勲三等旭日中綬章

文化勲章
受章者。

大三島で生まれ育った後、大阪府三島郡
(後に高槻市となる)
に移る。
雅号三島」は大三島と三島郡に由来する。

中学時代から、書に親しんでいたが、工業学校在学中に股関節カリエスに罹り足が不自由になったことから、
15歳で好きな
書道の道に入る。昭和2年
1927年片山萬年に、

昭和20年
1945年辻本史邑に師事し、

昭和23年
1948年日展に書道部門が新設されたのを機会に
杜甫九日詩(とほきゅうじつし)」を発表し、入選する。昭和24年
1949年)、昭和27年
1952年)の両年、日展で特選を受賞する。また、毎日書道展日本書芸院展などに作品を発表し、

昭和39年
1964年)「秋分思子」で日展文部大臣賞、昭和43年
1968年)「杜甫贈高式顔詩」で日本芸術院賞を受賞する。

日本の書道界においては、
以前の中国に範を取っていたのに対して、三島は、中国・末の書家、王鐸(おうたく)の草書連綿体を研究し、篆書隷書楷書行書、草書を駆使して、
躍動感に充ち格調高い中に温かさを備えた独自の書風を確立した。

P1060214 P1060212

校舎は大変古く、バリアフリーなど考えると問題も感じるのですが、
職員室や校長室などは歴史の重みを感じさせてくれる味のある建物でもあります。

面白いのは右の写真、四階を作ることを計画していたのでしょうか(笑)

P1060225 P1060245

ただ、1か所早急に手を入れてほしいのは左の写真のトイレです。教室のすぐ横にあり、夏場などは匂いもひどいとのこと。
改装すると右のようになるわけですから違いは一目瞭然です。実際に訪れて問題があると思ったので、学校施設科にお願いしました。

P1060208 P1060216 P1060246

校舎は古いのですが、さまざまな掲示物で校内に色どりがあり、暗いイメージはありません。

P1060237

クラスの様子はやはりニュータウンの学校とは違う雰囲気です。下町というのか、アットホームというのか、
自分の通った福井の小学校を思い出させるものがありました。

*神谷コメント

保護者の多くが当校の卒業生が多いということもあってか、地域との交流も盛んであるとのこと。
言われてみれば田舎の学校は大概保護者は卒業生であるから、母校愛のようなものが当然あるので、
恩返しの気持ちもあり学校への関わりも結構積極的におこなっているのであろうと気づいた。そう思うと、吹田のような都会の街で、
学校と地域がうまく連携できているのは素晴らしいことだ。当校のように保護者と地域が近い地域ばかりではないのだから。

また、当校はブロックの小中連携も上手くいっているとのこと。これも地域力の表れかと思う。登校のように地域の方々が
「自分たちの学校」という意識をもって、学校を応援してもらえる地域が増えていくのを手助けできる活動にしたいと感じた。

*インターンコメント

校舎がたくさんの作品や掲示物で飾られており、
生徒たちが、明るくすてきな環境でいきいきすごせている印象をうけました。図工展の前にお伺いしたこともあり、
教室にも多くの力作が並んでおり、図工の時間を懐かしく感じました
このようにお披露目の場があると、
子供たちもより一層授業の取り組みにも力が入るのでとても良い取り組みであるとおもいました。(田中)

全体を通しての印象としては、やはり校舎の古さが目立っている気がします。
決して汚いわけではありません。しかしあきらかに老朽化しており、改修の必要性を強く感じました。

 しかし一方で、
廊下には児童が書いた作品が多く掲示しており、歩いていてすごく気分が和みました。
また子どもたちも間近に控えた作品展の準備を一生懸命しており、校内全体が活気にあふれていました。この元気な子どもたちのためにも、
しっかりした環境を整えていかなければならないと強く感じました。(寶代)

登録タグ:
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。