日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

繰り返される金権政治、その原因は私たちに・・​

最近の動向, 気になるニュース |

皆さん、こんにちは!​
2022年の参議院選挙にむけて活動する、参政党全国比例区​
第五支部長の神谷宗幣(かみやそうへい)です。​

3年前の参院選前に行われた河井克之・案里夫妻による広島での大規模買収事件。
1億5千万円もの大金が自民党から河井氏側に流れ、3千万円あまりのお金が地方議員や後援会役員100名にばらまかれました。​

夫妻は裁判での刑が確定し、お金を配られた議員や後援会関係者が検察審査会により起訴相当などとされ、
すでに6名の議員が判決を待たずに辞職し地方議員の辞職ドミノが起こっています。​

●そしてまた自民党から政治と金の話が・・​

内部文書入手 自民党が「1億円選挙買収」を行っていた《国会議員・党職員も証言》​
(令和4年2月9日文春オンライン)​

この事件はかいつまんで説明すると、国政選挙前に地方議員に直接お金を配ると公職選挙法に引っかかるので、例えば選挙区に6人地方議員がいる場合はそこの国会議員が300万円をいったん自民党京都府連に納め、それを自民党京都府連から6人の地方議員に一人当たり50万円を配っていた、というもの。​

記事にもありますが、それが国政選挙が行われるたびに繰り返され、​
『マネーロンダリング』(資金洗浄)だと内部文書には明記してあるという噴飯ものな事件です。​


●金権政治が繰り返される理由とは​


私自身も2期市議会議員を務め、安倍総裁時代に自民党から衆院選に挑戦したこともありますので、私は関わりませんでしたが、自民党の金権体質を沢山垣間見てきました。​

何故そんな金権体質なのか。
その理由の一つは日本の悪しき「ムラ社会」の構図。
その地域の親分が金にものを言わせて周辺の皆さんにお金を配り言うことを聞かせる。配られる側は自らが考えて動かずとも、お金を配る親分の言う通りすれば物事が円滑に動いていく。​

地域の皆さんで力をあわせて協力して生きていく「ムラ社会」の全てが悪いと言っているのではありません。​
私が言いたいのは自ら考えることをせずして、お金や権力などの力になびいてしまう古い体質が問題であるということです。​


●私たち自身が動いて、金権政治を一掃​


2月11日(金)建国記念の良き日に、私は新橋駅前の街頭演説で以下のように述べました。​

” 私はお金や権力や地位よりも名誉を大事にしたい。 恥を知りたい。​
みなさんと約束したことが守れないことがいやなのです。 ​

すぐには出来ないかもしれないが方向性や軸をブラさないことが大事です。
昔の日本にはそれがあった。絶対にありました。​

それがなければ戦争で命を懸けて戦えていない。
そしてそういった日本人がいたからこそ、アジアの皆さんから尊敬もされ、奇跡と言われた戦後復興も成し遂げられました。​

つい数十年前までそんな日本人がいっぱいいたのに今はいない。
それは何故でしょうか。​

こういう状況なのは官僚や政治の責任以前に誰の責任でもなく、今を生きる私たち大人の一人一人の責任です。​

だからこそベクトルを人に向けるのではなく自分に向ける。
自分たちで出来る事を少しづつやっていく。​

そうやってみんなで動いて、新しい受け皿を作ってテコの原理で自民党などの巨大政党を動かしていく。​

一人でも二人でも我々から国会に送ってもらって、ちゃんとしたことを国会で追及していけば自民党も動いていかざるを得ない。​

国民世論が動けば政治家は動かざるを得ないのです。”



自民党の金権体質は何十年も繰り返されて来ていますが、一向に改善されません。
それは自民党も悪いのですが、私たち国民が悪いからです。​

もう腐り切った金権政治なんて、私たちの手で終わりにしましょう。​

日本がまだまともな状況にあるうちに、しっかりとテコの原理で 政権与党に正しいことをしてもらいましょう。
そのキッカケを作るのが参政党であり、一緒に汗をかく皆さん自身であります。​

神谷さん最後 7.28.24

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)イシキカイカク株式会社 代表取締役
参政党 事務局長
龍馬プロジェクト全国会 会長
予備自衛官 三等陸曹

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
 21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。20代は高校で「英語と世界史」を教え、実家の食品スーパーの倒産を経験することで、教育の課題と地方経済の疲弊を実感する。
政治からのアプローチで「日本の若者の意識を変える」ことを目指し、2007年に29歳で吹田市議会議員に初当選。市議は2期6年、吹田市議会の副議長まで務め、2012年議員辞職して衆議院議員選挙に自民党から挑戦するも落選。
 2013年に株式会社を設立。インターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに毎日番組を配信し、若者の意識改革に努める。また、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」(青林堂)「坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力」(きずな出版)「子供たちに伝えたい「本当の日本」」(青林堂)などがある。