日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾の歴史教科書問題

気になるニュース |

以前から台湾の歴史教育がいじられているとレポートしてきましたが、

やはり教科書にあらわれてきました。

ちゃんと中国や韓国の歴史学者が集まり、学会などやっていたようですから、日本に対してはマイナスの方向にいくんですね。

ちゃんと学生らが抗議できる仕組みが作られてますが、、、

時間と共に記述は変わる気がしてなりません。

台湾:歴史教科書「中国寄り」 高校生ら改訂反発毎日新聞 2015年07月27日 00時33分(最終更新 07月27日 02時11分)

  
教育部前で学生らの逮捕に抗議し、教科書改訂の撤回を求める学生や教諭ら=台北市で2015年7月24日、鈴木玲子撮影

  
【台北・鈴木玲子】台湾で日本の学習指導要領にあたる「課程綱領」が改訂され、9月の新学期から歴史などで改訂教科書が使われる。そのうち高校歴史教科書の改訂内容が「中国寄りだ」と反発した高校生たちが教育部(教育省)の庁舎に突入、33人が逮捕されるなど混乱が続いている。背景には、若者世代への台湾人意識の浸透と中国への警戒感の高まりがあると指摘されている。

  台湾で歴史教科書の改訂は民主化の進展や政治の変遷と深く関わってきた。戦後、中国大陸から台湾に逃れた国民党政権は戒厳令を敷き、学校などで台湾語の使用を禁止、中国を中心とした歴史を教えてきた。

  1987年に戒厳令が解除されると、台湾出身の李登輝政権(88?2000年)で、台湾独自の歴史を重視した台湾史教育が始まった。97年には中学1年の教育課程で「認識台湾(台湾を知る)」が導入された。この流れは、独立志向が強い民進党の陳水扁政権(00?08年)でさらに強まり、教科書から中国色が薄くなった。

ところが、08年以降、国民党の馬英九政権が中国との融和路線を進め、次第に教科書改訂を推進。昨年1月の改訂について教育部は字句修正などの「微修正」と説明したが、学者によると、台湾史部分の変更字句は6割に上った。しかも、改訂作業は中国との統一派とみられる学者を中心に非公開で進められたことも反発を招いている。

今回、反対運動の中心になっているのは「台湾意識」が強い若者世代だ。台湾に300余りある高校のうち200校以上で反対集会が開かれた。改訂の情報公開が不十分として市民団体が提訴した裁判も1審で違法判決が出た。

呉思華・教育部長は24日、学生側と対話する意向を表明し、改訂内容は試験に出さない方針を示すなど教科書改訂への理解を求めている。

◇抗日抗争の項目新設

今回の歴史教科書改訂は、中国と台湾の結びつきを重視した内容になっている。

台湾メディアによると、17世紀の明滅亡後に「反清復明」を掲げた鄭成功一族による台湾統治時代は「鄭氏統治」から「明鄭統治」に変更され、明代からの深い関わりを強調する。

日本統治時代(1895?1945年)は「日本統治」から「日本植民統治」に。「(革命家)孫文が台湾を訪れて台湾人の支持を求め、台湾人が革命と中華民国建設に参与した」との記載が加わり、「台湾人と抗日戦争」の小項目も新設される。また、戦後の国民党による統治開始は「接収」から祖国復帰の意味合いが強い「光復」に言い換える。

台湾大歴史学部の周婉窈(しゅう・えんよう)教授は「台湾を中心にした歴史編さんではなく、中華民族史観が強化された。台湾人が抗日に協力した記述が追記されるなど台湾と中国の関係強化が狙いだ」と指摘する。【台北・鈴木玲子】

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。