日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パブリックリーダーを増やそう!

視察・研修報告 |

1月31日、2月1日の二日間で、
第5回のG1東松龍盛塾を開催しました。

G1東松龍盛塾

地域で変革を導くリーダーを育てることが、日本をよりよくする道と考え、。G1東松龍盛塾は、地域から日本を変えていく、政治家・パブリックリーダーを育てる道場として運営しています。

今回も4つの講座と夜ゼミで盛りだくさんでした。

(null)
1講座目は政策プランナーの細川甚孝氏による公共政策作りの講座で、

ワークショップも織り交ぜ、地域課題の解決を探る方法を学びました。

(null)
2講目は、『パワーと影響力』をテーマにグロービス経営大学院の芹沢宗一郎に講義頂きました。

ポジショナルパワー、パーソナルパワー、リレーションパワーの整理や社会心理学の原理、政治にもそのまま応用できる学びでした。

(null)
湯崎英彦広島県知事とアスリートの為末大氏にはトップリーダー座学を行って頂きました。

行政とスポーツをテーマに多岐に渡るお話を頂き、参加者 は大満足でした。

平和教育の話がでたので、私から知事に、平和を維持するための教育と防災教育を合わせた危機管理教育のモデルを広島県でつくってもらえないかと提案しました!

リーダーの生の体験談はいつも良い刺激になります。

夜ゼミはフリージャーナリストの山田厚俊氏に、政治とジャーナリズムについて語って頂きました!

メディアの未来展望の話が示唆に富んで印象的でした。

(null)
二日目の締めは朝比奈塾長から霞が関の現状と課題について講義。

元キャリア官僚の語る内情は、かなり突っ込んだ内容で、インパクトが大きかったです。

公務員制度改革の難しさを痛感する一方、地方の公務員組織改革のヒントを頂きました!

龍馬プロジェクト、グロービス、青山社中のエッセンスが学べる充実の二日間でした。

次回は6月。
一期の最終回になります。

また皆さんもご参加下さい!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。