日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤井浩人 美濃加茂市長 逮捕の件について

ブログ |

私は今インドにいますが、
24日の朝に龍馬プロジェクトメンバーの藤井市長のニュースをきき、夕方には逮捕のニュースも知りました。

問い合わせが多数入りましたが、
本人の話が聞けなかったので、

日本に連絡し、仲間の弁護士に愛知にいってもらい、藤井市長に接見してもらいました。

photo:01



私へのメッセージは、
「ご心配をおかけしていますが,事実無根の事ですので,無罪を勝ち取ってきます。
より一層力になれるように頑張りますのでよろしくお願いします」
でした。

彼がそういうなら、間違いありません。

私は彼が市長になった経緯をよくしっていますが、あれは前市長の病気で急に決まった立候補で事前に準備していたものではないから、

それを見越して金をもらうなんてありえないんです。

今回の件は冤罪です。強力な弁護団で戦ってもらえるよう私個人は全力でサポートします。

また、龍馬プロジェクト全国会の対応は私個人とはべつなので、帰国し次第、皆さんと話し合い決めます。

しかし、市長になる前に30万ほどもらい、市長になってから実証実験をするってことで逮捕するなんて、絶対におかしい。

私も献金などもらっていますが、
それに関わる方の会社の製品の試供品を将来私の関わる機関で使わせただけで逮捕されると考えたら恐ろしいことです。

吹田の市長なんて現職で、後援会幹部に随意契約で2000万の事業を渡して、100条委員会にかけられても、警察は動かないんです。

なんでこれで逮捕するんでしょう?

逮捕というニュースが流れただけで、藤井市長の名声は大きく傷つきます。

また、これから法廷で戦っていくにあたっては、絶えず市長の適格を問う声が上がります。

藤井市長を失脚させたい人からすると笑いがとまりませんね。

こういうのは、次の市長候補になりそうな人が考えるストーリーです。

政治の世界には、
信じられないくらいの悪意をもった人間が結構います。

私も何人かみてきましたが、
同じ土俵に上がるのもバカバカしいので無視してやり過ごしてきました。

しかし、仕掛けられたらあれほど面倒な連中はいません。嘘も100回言えば本当になるというタイプの人間です。

今回の事件をみると私にはプンプン臭います。

私が市長になったら、きっと同じような攻撃をされたと思います。

立場のある人ほど潰しやすいですから。

明日は我が身。

私は若く純粋な政治家が潰されるのを黙ってみてはいられません。

ましてやそれが友人ならばなおさらです。

最年少市長 受託収賄などの疑いで逮捕
6月24日 17時09分 NHK

現職としては全国最年少の岐阜県美濃加茂市の市長が、市議会議員だった去年、雨水などの浄水設備の導入を巡り、議会で有利な質問をする見返りなどとして業者から現金およそ30万円を受け取ったとして、愛知県警察本部は受託収賄などの疑いで逮捕しました。
警察によりますと、市長は容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、岐阜県美濃加茂市の市長、藤井浩人容疑者(29)です。
警察の調べによりますと、藤井市長は市議会議員だった去年春、雨水などの浄水設備の導入を巡り、贈賄の疑いで逮捕された名古屋市の業者「水源」の社長、中林正善容疑者(43)からの働きかけで、議会で有利な質問をしたり市長に当選したあと便宜を図る約束をしたりした見返りに、現金およそ30万円を受け取ったとして、受託収賄や事前収賄などの疑いが持たれています。
この会社の浄水設備は、藤井市長が当選した2か月後の去年8月から、美濃加茂市内の中学校の使われていないプールに設置されて、実証実験が行われています。
警察は24日朝、市役所にいた藤井市長に任意同行を求めて取り調べを進めてきましたが、容疑が固まったとして逮捕しました。
警察によりますと、藤井市長は容疑を否認しているということです。
警察は今後、市長室などの捜索を行うとともに市長らの取り調べをさらに進めて、浄水設備が設置された詳しいいきさつなど実態の解明を進める方針です。
藤井市長は平成22年から3年間、市議会議員を務めたあと、去年6月の市長選挙に立候補して28歳で初当選し、現職としては全国最年少です。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。