日々の活動やニュースに対する考え、視察の報告などをブログにまとめています。

メイン画像
神谷宗幣 (かみやソウヘイ)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

片山中学校(訪問日平成19年9月12日)

視察・研修報告 |

片山中学校(訪問日平成19年9月12日)
片山中学校に視察に行きました。

*校長先生の学校案内

吹田市内18中学校で、最も生徒数の多い片山中学校。「自分の大切さと共に、他の人の大切さを認めていくこと」
のできる生徒の育成を図るため、すべての教職員が一丸となって取り組んでいます。昭和53年に開校して、今年30年。この節目の時に、
さらに充実発展していけるよう、地域・保護者の方々とともに、「居心地良い学校」づく りを進めていきたいと考えています。

IMGP1921

 

元気いっぱいの松井校長。

学校PRを沢山していただき、先生が片山中が大好きであることが良くわかりました。

 

IMGP1913

校舎の壁が塗り替えられて綺麗になっていました!

やはり、綺麗な校舎は歩いていても気持ちがいい。生徒もきっとそう感じていると思います。

片山中の皆さん、この美しさを維持してくださいね!

 

IMGP1917

 

学校祭前で、生徒は準備に追われていました。

学生時代を思い出します(笑)

 

IMGP1905

 

片山小学校、千里第一小学校と連携して右のような6つの共通指導項目が掲げらていました。

   

生徒児童の実態を踏まえ、3校で分析の結果得られた項目。
素晴らしい!

 

IMGP1916

 

関大の先輩にあたる先生方の授業を見せていただきました。

1年生から3年生まで、しっかり授業に集中していたので感心しました。

歴史の資料集が大好きなので、読みこんでしまいました(笑)

 

*神谷コメント

校内を歩いていると生徒たちがみんな挨拶をしてくれる。それだけで気持ちが良いし、生徒たちの心情も良くわかる。
先生方の日ごろの指導の賜物だと感じた。

部活動にも力を入れており、近畿大会まで行くクラブも多いとのこと。
また地域との連携も図られており、いろんな意味で安心できる学校だと思った。


また、下記に掲載した「片山中学校ブロック・・・一貫性・継続性のある生活規律・
授業規律の確立プラン」が作られており、私の考える理想に近い取り組みがなされていることがわかった。収穫の多い学校訪問であった。
katayamaimg004.tif – 440.0 KB

*秘書ちかこの一言


廊下ですれ違うたびに、生徒の方から自然に挨拶の言葉が出てくるとことが、学校訪問の中では特に新鮮でした!片山地区ブロックが掲げている
6つの項目」
が実践されていることがよくわかりました。参観した
3年生の英語の授業では少人数でのクラス編成。
英語で解説される英語の授業は、とても緊張感があって、聞き入ってしまいました。私も受講したいなー!

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール写真

神谷宗幣 (かみや そうへい)龍馬プロジェクト全国会会長

昭和52年福井県生まれ。関西大学文学部・関西大学法科大学院卒業。
21歳の時、1年間海外で生活し、外国の若者と交流する中で「日本人に生まれたことの感謝」と「思考停止している日本の若者への問題意識」に目覚める。
2013年に株式会社グランドストラテジーを設立し、インターネットチャンネル「CGS」を開設し毎日番組を配信。大阪府吹田市を拠点に活動中で、日本人の意識改革のための海外研修及びセミナーや、「CGS」とリンクした「歴史」「主権者教育」「キャリアデザイン」「政治のしくみ」などをテーマにした講演は、若い世代を中心に多くの支持を得ている。
執筆活動も行い、主な著書として「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」などがある。